こっわ。AirTag悪用のストーカー事案をニューヨーク警察が警告

  • 6,261

  • author 塚本直樹
こっわ。AirTag悪用のストーカー事案をニューヨーク警察が警告
Image: Tada Images / Shutterstock.com

このままでいいの?

技術っていいようにも悪い方向にも使われてしまいますよね。Apple(アップル)が今年投入した紛失防止タグの「AirTag」ですが、残念ながらニューヨークでは2件のストーカー事件に利用されたとの報告が寄せられています。

私もAirTagを所有しているのですが、そのアラート音って「リリリリ…」と、とっても優しい音なんですよね。オーナーとしては別に問題はないのですが、見知らぬ他人のAirTagをバッグに挿入されて気づかないケースもかなり発生するだろうなと思っていました。

そしてニューヨークのWGRZの報道によると、とある女性がiPhoneから「AirTagが一緒に移動しています」との警告を受け、警察署に出向いたとのこと。そして調べてみると、車のバンパーの下に見知らぬAirTagが設置されていたというのです。

2件目のケースでは、別の女性が同じように「AirTagが一緒に移動しています」との警告を受けたとのこと。しかしこちらのケースでは、警察はAirTagを発見することはできませんでした。

これらのケースでは、iPhoneにてAirTagの通知を受けることができた幸運なケースともいえます。アップルはAndroidスマートフォンでも紛失防止タグを検知するアプリを配布していますが、スマートフォンやアクセサリメーカーの垣根を超えて、悪用を防ぐ仕組み作りの導入が必要なのかもしれませんね。

Source: WGRZ via 9to5Mac

    あわせて読みたい