Huawei開発のスマート水筒、中にはHarmonyOSとお茶がはいってます

  • 15,075

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Huawei開発のスマート水筒、中にはHarmonyOSとお茶がはいってます

水筒にもOSが入る時代なのか!

Huawei開発のHarmonyOS。米中摩擦でAndroidが使えずスマートフォン業界では苦戦。じゃぁ、スマホ以外でうちのOS使ってみよっか!ということなのでしょうか、Huaweiがスマート水筒を開発しました。この水筒、HarmonyOS搭載です。

Huawei公式ショップで販売されている水筒「Haers」。440mlサイズで冷たい麦茶から熱いコーヒーまでOKの保冷・保温ステンレスボトル。スマートな部分として、ボトルにはタッチスクリーンがついており、ネームタグとして持ち主の名前を表示したり、水筒内の飲み物の温度を教えてくれたります。Bluetooth対応でスマホと連携させれば、水分補給を促してくれるだけでなく、ユーザーの水分摂取量を記録することもできるそう。水筒だけどディスプレイ搭載なので防水仕様IPX7。250mAhバッテリーで、1度の充電で20日くらいはいけるとのこと。充電ケーブルは水筒に同梱。お値段は159元=3000円弱ほどです。

スマート水筒とはまたギミック感あるプロダクトですが、HuaweiはとりあえずHarmonyOSのより広い使い道を模索しているという状態なのでしょうか。Android用アプリとGoogle Playが使えない非iOSスマホは、ハードがいくらよくてもやっぱりツラい。水筒でも出したくなっちゃうよね…。

Source: Huawei Central, Notebook Check


スマート水筒 Haers ほしい?

  • 0
  • 0
HUAWEI

シェアする