iPhone 14 Maxは120Hzリフレッシュレートを採用するという噂浮上

  • 9,027

    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • はてな
    • クリップボードにコピー
    • ×
    • …
    iPhone 14 Maxは120Hzリフレッシュレートを採用するという噂浮上
    Image: Jon Prosser

    台湾の経済日報によれば、アップルから発売される2022年のiPhone 14では、「iPhone 14 Max」と「iPhone 14 Pro Max」があり、コンパクトなminiは廃止される予定だとしています。

    新たに設定されるiPhone 14 Maxは6.7インチのディスプレイサイズを持ち、有機ELディスプレイを採用リフレッシュレートは120HzのProMotionに対応するという検討がされているそうです。

    iPhone 14シリーズのラインナップは6.1インチのiPhone 14・iPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 MaxとiPhone 14 Pro Maxの4モデル構成になるという線が濃厚ですが、ProモデルではないiPhone 14 MaxにProMotionが搭載されれば、Proモデルの意義が薄れてしまうようにも見えます。

    そうなると、アップルはProだけの特別感をどこで演出するのかという点が気になりますが、iPhone 14 Proではノッチの代わりに、パンチホールデザインを採用するという噂があります。

    ProモデルではないiPhone 14は既存のノッチを採用し、Proはパンチホールでノッチを無くす。ん~悪くないんじゃないですか?


    iPhone 14の噂はこちらのまとめ記事からどうぞ!


    経済日報