電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP 2021」開催!革新的プログラムが勢揃いした今年の見どころをまとめました

  • author Jun Fukunaga
電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP 2021」開催!革新的プログラムが勢揃いした今年の見どころをまとめました
Image: MUTEK.JP 過去のイベントのようす

今年もこの季節がやってきました。

そう、MUTEK.JPの季節です。MUTEKは、2000年にカナダはモントリオールで始まり、今ではバルセロナ、ブエノス・アイレス、ドバイ、メキシコシティ、サンフランシスコ、東京の世界7都市で開催されている、電子音楽とデジタルアートの祭典

イベントでは、デジタル・クリエーション、電子音楽、オーディオ・ビジュアルアートなど、先鋭的かつ実験的でクリエイティブな表現が多数発表され、そこから次世代の表現に大きな影響を与えるようなアーティストやツールも登場することも。

最先端テクノロジーを使って表現される電子音楽やデジタルアートが好きなら、これに参加せずして、1年を納めることはできない! 今やそんな年末の風物詩感さえ漂うMUTEK.JPですが、開催6年目となる今年は、12月8日(水)~12日(日)の5日間にわたり、「日本科学未来館ドームシアター」「LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」「渋谷ストリーム ホール」の3会場で開催。

今年は、リアルとオンラインのハイブリッドイベントだった昨年とは異なり、例年と同じく、再び全会場で有観客プログラムとして実施されるんです!

ラインナップをご紹介

MUTEKJP2021_1st_wave_w1920_h1080
Image: MUTEK.JP

今年のMUTEK.JPのラインナップは、昨年同様、日本のローカルアーティストにフォーカスしつつも、新鋭気鋭のアーティストが一挙集結。フレッシュなラインナップならではの新しい発想と表現を追求する音楽/デジタルアート/メディア芸術/オーディオビジュアルライブ/ワークショップなど、"革新的コンテンツプログラム"が届けられます。

なかでも注目したいのは、12月8日(水)に日本科学未来館ドームシアターにて行われる、最先端のデジタルアートに没入できる体験型イベント「A/Visions 1」。2部構成のこのプログラムでは、1部公演として、カナダ・モントリオールに拠点を置くアートセンター「Society for Arts and Technology (SAT) 」のキュレーションした海外アーティストによるオーディオビジュアル5作品が上映されます。

2部公演では、Synichi Yamamoto+Seiichi Sega&Intercity-Expressによるオーディオビジュアル作品『Noesis』最新版(4K3D+8.1chサラウンド)が3D映像によるスペシャルライブとして披露されます。映像と音響のスペックを見ているだけでも高まるこちら、"没入感がある"という言葉だけでは表せない異次元の感動がありそう。今から期待が膨らみまくりです。

そして、12月9日(木)LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて行われる、「A/Visions 2」も見逃せません。このプログラムでは、東京五輪開会式への楽曲提供も記憶に新しい原摩利彦による映像付き特別編成ライブ、元「水曜日のカンパネラ」のコムアイもゲストダンサーとして参加する、パフォーマンス集団AntibodiesCollectiveによる舞台芸術作品が劇版として披露されるなど、スペクタルさ漂うコンテンツを芸術音楽と舞台芸術を限定1000名のシアター形式で楽しめます。

12月10日(金)〜12日(日)の3日間にかけて行われる、渋谷ストリーム ホールを舞台に大音量&スタンディングでライブパフォーマンスをフィジカルに楽しめるプログラム「Nocturne」では、オーディオビジュアルライブからd&b Soundscapeを用いて没入型サウンド体験を生み出すスペシャルライブ、自作VRゲームをプレイしながら音楽を創造するライブまで、さまざまなライブが連日目白押し。いずれもここでしか体験できないライブコンテンツになっているので、全部参加するつもりでスケジュールを確保しておくのが吉です。

関連プログラムも多数

そのほかにも渋谷WOMBではクラブナイト「MUTEK.JP x WOMB」、渋谷キャストではTouchDesignerワークショップとAbletonの音楽制作セッションが開催されるほか、8つのデジタルアート作品を展示するオンラインエキシビション、本家MUTEK Montrealのアーカイヴ映像の公開といったオンラインプログラムもあり。

さらに12月10日(金)〜12日(日)の3日間は、渋谷ストリーム前の渋谷川にて、プロジェクションマッピングで没入体験できるアートインスタレーション2作品も鑑賞無料で公開されるなど、今年は関連プログラムも盛りだくさんです。なので、開催期間中は必ずや革新的な電子音楽とデジタルアートを楽しめるはず!


なお、今年のMUTEK.JPのチケットは、各プログラムごとに購入できますが、12月9日(木)~12日(日)までの公演すべてに入場できるお得なパスポートチケットも1万2000円(100枚限定)で販売中。ただ、そちらは12月8日「日本科学未来館ドームシアター」への入場はできないので、購入時にはご注意を!

MUTEK.JP 2021 Edition 6

日程:2021年12月8日(水)〜12日(日)

会場:日本科学未来館ドームシアター、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)、渋谷ストリーム ホール

オフィシャルサイト

チケット購入はこちら

文化庁委託事業「令和3年度戦略的芸術文化創造推進事業」

主催:文化庁、一般社団法人MUTEK Japan

特別協賛:東急株式会社

後援:日本科学未来館、ケベック州政府在日事務所


    あわせて読みたい