古くて新しいコンセプトカメラの「myFirst insta Wi」がすごく面白い

  • 8,829

  • author 中川真知子
古くて新しいコンセプトカメラの「myFirst insta Wi」がすごく面白い
Photo:中川真知子

これはハマるわ。

流行はリバイバルするって言いますよね。廃れたと思ったアイテムが10年後に少し形を変えて再び流行る。でも、それってファッションに限った話で、ガジェットは常に改良を続け、進化はすれどリバイバルはしないと思っていました。

でも、それは大きな勘違いだったみたい…。

先日、「myFirst Fone R1」のOAXISから、「myFirst Insta Wi(インスタ ウェイ)」というデジカメとポラロイドカメラの中間のようなトイカメラをお借りしたんです。ポラロイドカメラなんて懐かしい〜と思いますが、これがまさに正統派ガジェットリバイバルアイテムみたいな感じで。

とにかく、とっても楽しかったので魅力を伝えていきますね〜。

myFirst Insta Wi

DSC02815-2
Photo:中川真知子

これは何?:ラベルプリンター機能付きデジカメ

価格:14,980円(税込) 12月中旬発売予定

好きなところ:簡単操作のカメラ機能、プリンター機能、楽しいところ!

好きじゃないところ:特になし

ポラロイドカメラ? いいえ、感熱紙なんで

DSC02818
Photo:中川真知子

「myFirst Insta Wi」は、感熱紙プリンタを搭載したデジタルカメラです。モニターもあって、普通のデジカメのように使うこともできます。

最大の特徴は、ポラロイドカメラのようにその場ですぐに印刷できること。ペーパーは感熱紙だから、インクレスでコストパフォーマンス高し。本体サイズも131×95×45mm、232gでとっても軽いんです。

DSC02816
白黒印刷で画像の荒さ、長期保存向きでないというマイナス点もありますが、それすら新鮮で斬新に感じます。
Photo:中川真知子

感熱紙のプリントは、いわゆる普通の写真より小さく薄く、軽いです。そして何より、1枚あたりのコストが安い!

この手軽さがよくて、「プリントをどうやって保管しよう」ということに頭を悩ませることなく、バシバシ撮ってどしどしプリントできるんですね。

のりでノートに貼り付けたり、文字を書き込むことも可能。例えば、直筆の手紙に貼り付けて送ったり、手帳に貼り付けも良さそう。我が家ではでは保管もラフに、溜まったプリントはクリップで留めていました。

ちなみに、本体を使ってのプリントアウトはモノクロですが、カメラを他のデバイスに繋げてデータを転送すればカラープリントも可能ですよ。

アプリでラベル作りも

Untitledpresentation
Screenshot:中川真知子 via Insta Wi Camera

「myFirst Insta Wi」にはスマホと接続するためのアプリがあり、ラベル製作や、取り込んだ写真を編集してプリントアウトすることが可能です。

ラベルは、3種類と4種類同時印刷ができます。筆者はテンプレートとアイコンを使って、子どものスケジュールを作ってみました。

DSC02817
Photo:中川真知子

他にも、お絵描きしたものをプリントアウトすることもできます。アイディア次第で可能性は無限大になりそう!

デジカメとしてのクオリティも悪くない

DSC02820
Photo:中川真知子

印刷機能のことばかり書いてしまいましたが、デジタルカメラとしてのクオリティも高いんです。

JPG1
Photo:中川真知子

写真はもちろん、フルHD動画の撮影も可能。ボタン操作でフロントカメラとセルフィーカメラの切り替えが可能なんです。(そう、スマホみたいにインカメラもあるんです。)

FF4F1D24-5A57-424A-93E6-C96753A1AEBA
Photo:中川真知子

トイカメラではあるんですが、大人もしっかり楽しめます。使い方次第ではビジネスシーンでも活躍してくれるんじゃないかなと思いました。

指先の知育にも

F0A175F8-B840-4FE4-A473-D18E8EC139EA
Photo:中川真知子

そうそう、ペーパーを切る動作は意外と難しく、8歳の息子は何度か失敗していました。調理用ラップ類を切るのと同じ 要領なのですが、子どもにとって慣れない動きなんですよね。

幼い子どもは鉛筆を握って文字を書く準備として、指を動かす訓練をしますが、その一環としても利用できるかなと考えました。もちろん、ちいさいパーツやネックストラップといった幼児には危険なものもあるので、保護者のしっかりとした監視下でのみの使用になりますが。

1週間ほど触ってみて、「myFirst Insta Wi」はトイカメラを超えて遊べるガジェットだと感じました。その昔、映画『メメント』を見て、ポラロイドカメラを買ったは良いが、フィルムの高さに驚いて手放したことがあるのですが、これなら手軽に『メメント』ごっこができそう。

もちろん、遊び用途だけでなく、仕事道具としても活躍してくれそうなので、カラバリを増やしてブラックも発売してほしいな、と思いましたよ。

myFirst Insta Wi ほしい?

  • 0
  • 0
Oaxis Japan

シェアする

    あわせて読みたい