今度はどんな新体験? glo™と音楽マルチメディアblock.fmが、新プロジェクト「NEX STAGE」を発表

  • author おおぬま
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
今度はどんな新体験? glo™と音楽マルチメディアblock.fmが、新プロジェクト「NEX STAGE」を発表
Photo: NEX STAGE
Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

これからの動きに注目。

毎度、新感覚の体験を世に送り出してくるglo™と音楽マルチメディアblock.fmのコラボレーション企画。ギズモードでも、車に乗りながらフェスを楽しむ「ドライブインフェス Vol.1 」、デジタルな夜桜を演出した巨大LEDキューブステージが印象的なライブ配信「ミライノサクラ」は、取り上げてきました。

クルマと音楽フェスのイイ関係。ラジオのFM電波を利用して、レトロで未来な「ドライブインフェス」

車内で楽しむ新しい音楽フェス「ドライブインフェス Vol.1 」が開催。新しいイベントの楽しみ方を提案しています。ラジオのFM電波を利用して、クルマから降りるこ...

https://www.gizmodo.jp/2020/08/drive-in-fes-vol1.html

オンラインとリアルを繋げるキューブ型ステージ、東京タワーの麓に出現。配信イベント「#ミライノサクラ」

画面越しの桜とライブ。デジタル花見に行ってきた。桜の花、もう咲いてないじゃんと思うかもしれませんが、今年もお花見が大々的にできなかったこのご時世に「デジタルの...

https://www.gizmodo.jp/2021/04/mirai-no-sakura.html

そんな彼らが、何やらまた新しいプロジェクトを立ち上げた様子。

どんな活動をしてきたの?

glo™とblock.fmはこれまでに、「ドライブインフェス Vol.1 」「ミライノサクラ」のほかにも、10分間で楽曲を制作する 「10 minutes challenge」 や、恐怖感への没入がテーマのハロウィンパーティ「TRICK & TREAT」、 トップDJたちが満足の価値観に挑んだインスタライブプロジェクト「Defy The Rules of Satisfaction」などを開催。

特に、「ドライブインフェス Vol.1 」は、FMラジオから流れてくる音楽をクルマの中で楽しむ、という“ソーシャルディスタンス”な今の時代に合わせた新しいフェスの形を実現したことで話題に。プライベートな空間を保ちながらエンタメを楽しむドライブインのよさと、フェスならではのライブ音楽の組み合わせが独特な高揚感を生み出しました。

そんな彼らが今回新たに立ち上げプロジェクトは、「NEX STAGE(ネクスト ステージ)」。

音楽業界に再生をもたらすためのプロジェクト

3-1

現在、変化の時を迎えている音楽業界。CDを買って音楽を聴く時代は終わり、代わりにYouTubeやストリーミングサービスが主流となりました。そんな中、売り上げの大半を占めていたCDの存在が薄れ、アーティスト、レーベル、マネージメント会社は新たな手法を見つけようと奮闘しています。

まさに業界全体が窮地に立たされているわけですが、block.fm主宰の☆Taku Takahashiさんのプレゼンテーションでは、歴史を振り返ると、業界の危機を救ってくれたのはいつもアーティストのアイデアだったと伝えています。

例えば1930年代、レコードの売り上げがラジオの出現と大恐慌により激減します。しかし、アーティストと業界はともに思考を重ね、ラジオをプロモーションツールにすることで売り上げを復活、さらにはディスコやクラブミュージックの黄金時代をも再来させました。

では、「今の時代に再生をもたらすもの」は何か? それを見つけるために、アーティストがアイデアを実現し夢を叶える場所を提供するのが新プロジェクト「NEX STAGE」です。

アーティストが夢を叶えていくことが新たなムーブメントに

1-1

今回の「NEX STAGE」ローンチパーティー、ひとつめのコンテンツである「ミュージックカンファレンス」。

プロデューサーである☆Taku Takahashiと、主催したオーディション「THE FIRST」から生まれた「BE:FIRST」が話題のSKY-HIによる「世界に通用するアーティスト育成」についてのトークセッションからスタート。BTSを筆頭に世界で活躍するK-POPアイドルに、日本人アーティストがどう対抗していくかについて熱く語られました。

後半は、AAAMYYY、大沢伸一、ぷにぷに電機が登場。「音楽とSDGs」をメイントピックスに、CDリサイクルなどの環境活動について議論が交わされました。

5-1

パーティーの締めとして開催されたライブでは、板橋兄弟(PUNPEE&原島“ど真ん中”宙芳)、80KIDZ、ビッケブランカ、JP THE WAY、石野卓球がパフォーマンスを披露。大型プロジェクター2台による巨大スクリーンに音楽に合わせて次々と映像が映し出されるとともに、無数のネオンライトが交差して飛び交い、最新テクノロジーを肌で感じるステージ演出となっていました。

今後も、こういったアーティストによるトークセッションやライブが、継続的に行われていくはずです。

今後はどんなワクワクを届けてくれるのか

さまざまな制約を新たなエンタメの要素に変えてきたglo™とblock.fmの新プロジェクト「NEX STAGE」。

アーティストが自身のクリエイティブを制限をかけず、思いのままに表現した時どんな「新しい体験」が生まれるのか。音楽業界が、これまで以上の盛り上がりを見せるきっかけとなるかもしれませんね。

Photo: NEX STAGE