ソニー「α7 IV」は次世代フルサイズのはじまりか【写真編】

  • 40,470

  • author 武者良太
ソニー「α7 IV」は次世代フルサイズのはじまりか【写真編】
Photo: 武者良太

すべてが快適でびっくりするわ!

思えばα7も長いシリーズとなりました。2013年に世界初のフルサイズミラーレスとして発売後、この世界のイメージリーダーを担いつづけてきたといっても過言ではありません。

今回発売された最新モデルの「α7 IV」は、ソニー製フルサイズミラーレスのなかでも、基準機となるスタンダードシリーズの第4世代機です。記事執筆時点での相場はボディ単体で約30万円。スタンダードモデルにしては高価なプライスゾーンとなりました。

DSC07874_R
Photo: 武者良太

でもね。お借りして実際に使ってみたらこれがいい。めっちゃいい。アリだなあと思えるポイントだらけのボディです。

握った瞬間から押し寄せてくるいいですねの波

DSC07759_R
Photo: 武者良太

まずグリップがいい。握りやすい。中指のかかりがよく、そこを支点としたフレーミングがしやすい。重めのレンズをつけていても安心感があります。

鏡筒が太いGレンズ/GMレンズを装着しているとやや狭いと感じましたが、それは旧来のモデルもいっしょ。反面、最新のα7でも従来機と同じように扱えるあたり、シリーズに共通のディメンジョンにこだわりつづけている良さもありますね。

DSC07967_R
Photo: 武者良太

背面の液晶モニターは横開き式のバリアングルモニターとなりました。ハイアングルにローアングル、カメラ背面に回り込めない狭いスペースで横からレンズが捉えている世界をのぞける点は価値あり。自分で撮るか、といわれると悩むところはあるけど、自撮りがしやすい点も改善点として挙げていいでしょう。

DSC07729_R
Photo: 武者良太

コントローラは全体的にブラッシュアップ。大径化され押しやすくなったボタン。露出補正ダイヤルが他機能に割当可能なファンクションダイヤルとなり、カスタマイズの自由度も高くなりました。

撮影に専念できる快適性能

DSC07749
Photo: 武者良太

そしてEVFの120fps化が効いた。ゲーミングデバイスじゃないのに高リフレッシュレートって大事なのかといったら超々大事。

デジカメにおいても遅延が少ない&書き換え枚数が多くなるとOVF(光学ビューファインダー)と変わらないように感じてきて、デジカメとの一体感が強くなるのです。あと脳で把握している像の動きと実際に見える像の動きが一致するので、酔いにくくなるんです。

DSC07742
Photo: 武者良太

連写時のファイル書き込みも速くなりました。メニューも新世代のものへと変わりました。レスポンスもいい。

EVFが見やすい。連写時も書き込みの待ち時間が減った。メニューが操作しやすい。こういった要素が重なったα7 IVのハイレスポンスな性能が、写真を撮影していて気持ちいいと感じるところにつながってきます

廉価版α1と考えたら安すぎでしょうコレ

DSC00490_R
Photo: 武者良太


DSC00406_R
Photo: 武者良太


DSC00203_R
Photo: 武者良太


DSC00228_R
Photo: 武者良太


DSC00215_R
Photo: 武者良太


DSC00157_R
Photo: 武者良太


DSC00176_R
Photo: 武者良太


そしてAFが強い。寝転がっている猫(動物)であっても瞳にフォーカスを合わせ続けてくれます。

AEも強い。ハイコントラストなシチュエーションであっても正しくデータを残すような明るさで撮れます。

DSC00248_R
Photo: 武者良太


DSC00243_R
Photo: 武者良太


DSC00265_R
Photo: 武者良太


DSC00278_R
Photo: 武者良太


DSC00298_R
Photo: 武者良太


DSC00317_R
Photo: 武者良太


DSC00323_R
Photo: 武者良太


DSC00327_R
Photo: 武者良太


DSC00349_R
Photo: 武者良太


なんといっても夜景に強い。コイツ、α7S系じゃないですよね?って思ったくらい、街灯のある場所なら手持ちであることを気にせず撮りまくれます。

実のところα7 IVは、どんなシチュエーションにおいても失敗する気がおきないデジカメであるα1の直系といえるボディです。α1ゆずりの画像処理エンジン「BIONZ XR」が、ハードウェアそのものの性能を底上げしているのですね。ボディ単体で80万円超えであるα1の性能を30万円で感じ取れるとしたら、あれ、もしかしてコスパいいんじゃないだろうか。

α7 IVは次世代フルサイズの基準点となるでしょう。そしてここを軸としてα7R系、α7S系もフラッシュアップされていくでしょう。でも現在のサプライチェーン崩壊期を思うと他モデルのアップデートは時間がかかるんじゃないかなとも思えてくる。それなら、最新世代のベーシックモデルたるα7 IVに手を出すのはアリです。

手持ちのレンズ資産によっては悩みどころ

新たにα7シリーズに乗り換える人、APS-Cからステップアップする人にとってはベストなボディです。あらかじめレンズ込みの予算組みをするでしょうし。

でもα7 II、α7 IIIなどから買い換える方は、ちょっと悩んでしまうかもしれない。

約3300万画素という有効画素数を持ち、低照度でもAFを合わせてくれる性能を持つから、より明るく高性能なレンズが欲しくなってくるのが悩みどころとなるかも。少なくともGレンズでなければ、α7 IVの良さを活かしきれないのが伝わってきますから

ソニー「α7 IV」は次世代フルサイズのはじまりか【動画編】

α7S IIIが欲しい人も近くに寄ってくるんじゃないだろうか。写真だけではありません。ソニーのニューベーシックなフルサイズミラーレス「α7 IV」は、動画撮影...

https://www.gizmodo.jp/2021/12/sony-a7iv-review-video-jp.html

Source: ソニー

α7 IV ほしい?

  • 0
  • 0
ソニー

シェアする

    あわせて読みたい