GMレンズが空を舞う。ソニー珠玉の空撮ドローン「Airpeak S1」は、とにかくカッコいいヤツだった

  • 13,251

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
GMレンズが空を舞う。ソニー珠玉の空撮ドローン「Airpeak S1」は、とにかくカッコいいヤツだった
Image: ヤマダユウス型
Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

かっけぇドローンからは、かっけぇ画が撮れるのだ。

ソニーが初めて手掛けたドローン「Airpeak S1」。今年9月に受注が始まり、11月から着々と出荷が始まりました。ちなみに市場推定価格は110万円くらい。うっへぇ。先日、日本国内で初めて飛行デモンストレーションが行なわれ、参加してきました。

211125sonyairpeak_01

開発したのはソニーのAIロボティクスビジネスグループというチームで、同チームはaiboVISION-Sなど、先鋭的なプロダクトを手掛けてきました。今回のドローンは、同チームにとっては第3弾となるプロダクト。

価格から見ても分かる通り、「Airpeak S1」は完全にプロ向けのそれ。AIとセンシング技術を惜しみなく使い、ソニーのαシリーズとの連携に特化した画期的なドローンに仕上がりました。α7S IIIやα1の超高画質で空撮、絶対楽しいじゃろ?

211125sonyairpeak_02

最近発売されたDJIのフラッグシップドローン「Mavic 3」と比べると、飛行時間は劣ります。でも、あちらは4/3型センサー、かたや「Airpeak S1」はフルサイズセンサー+豊富なEマウントレンズ。その差に価値を見出す人は確実にいるでしょう。空を飛ぶフルサイズの様子をご覧あれ!

早く、賢く、静か

211125sonyairpeak_03

離陸の様子はTOP画像のGIFの通り。こちらのGIFはデモンストレーションで飛行させている様子ですが、音が静かで驚きました。っていうか普通に飛んでるとこ見ちゃってるけど、これα7S III+FE 24mm F1.4 GMが空飛んでるってことですからね。ウン十万円が空飛んどる…。

211125sonyairpeak_04

操縦者の様子。専用の送信機はiPadと接続して使います。ソフトウェア開発にはαシリーズのSDKを使ってるそうで、アプリ側からRECや撮影設定などが可能。今までの空撮ドローンではカメラを手動でRECにしてからいざドローンを飛ばしたりしていたそうですが、そこはソニー同士の連携。ハードもソフトもよく噛み合っています。

211125sonyairpeak_05

1台のドローンから2つの送信機とワイヤレスに接続し、片方はドローン操縦を、もう片方はカメラ操作をすることも。操縦と撮影を分業することで、それぞれのオペレーションに特化できます。

211125sonyairpeak_05a

送信機側面にはゲームのLRトリガーのようなボタンが。ワンオペ時はここを操作してカメラを動かすわけです。さらにHDMIの出力端子があり、より大きなディスプレイに出力もできます。これかなり便利そう。

211125sonyairpeak_06

ドローンは地上に近い部分のホバリングが苦手。自分のプロペラの気流によって体勢が崩れちゃうんですね。でも「Airpeak S1」は地上に近い部分でのホバリングもお手の物。車に並走してのグラウンドショットな撮影が捗りそうですな。

211125sonyairpeak_07

スピードだってあります。最高時速は90Km/h! これはペイロード無しでの数値ですが、カメラを搭載した場合も加速→最高速→ブレーキの流れがとても滑らかなのが特徴だとか。中型機ドローンとしては旋回性能も高い部類とのこと。

211125sonyairpeak_08

最大傾斜角は55度。これだけ傾いてもカメラは傾けない、鬼の安定性よ。

211125sonyairpeak_09

安全面では、ビジョンセンシングによる障害物ブレーキが自動で作動。ちょっと見にくいけど、ドローンの上の方が青LEDで点滅しています。障害物に当たるよ〜と教えてくれてるわけです。

211125sonyairpeak_09a

帰還と着陸も自動操縦任せでOK。自動的にランディングギアを展開し(離陸時は自動的に上部に収納可)、緩やかに着陸します。離陸と着陸がカッコいいな〜。

センシング詰まりまくり! プロのためのドローン

211125sonyairpeak_10

「Airpeak S1」の特徴を3つ挙げると、飛行性能・安全性能・自動操縦。それらを実現するため、ドローン本体にも多くのカメラが搭載されています。この写真で見えているのは正面のFPVカメラと、その下には対象物との距離を測るステレオカメラが。

211125sonyairpeak_11

ステレオカメラは正面・側面・後方のほか、上下にも付いてます。地面や天井との距離を正確に測るわけですね。一部の面には赤外線カメラも搭載されており、こちらは2メートル前後の短い距離を正確に測距。

211125sonyairpeak_12

これらの多くのカメラがあらゆる方向から機体を制御し、20m/s程度の強風下でも機体をバランスさせてくれます。安全に空を飛ぶってこういうことなんだねぇ。

211125sonyairpeak_12a

機体のフレームの材質は、軽くて頑丈でカッコいいカーボン。ドローンはすべての荷重がプロペラ部分にかかるため、プロペラから伸びるフレームの頑丈さには全力を注いだそう。

211125sonyairpeak_12b

なので、「Airpeak S1」を持ち運ぶときはフレームを持ちましょう。重さはドローン単体だと約3.1Kg(バッテリー除く)、最大積載可能質量は約2.5Kg。

211125sonyairpeak_12c

プロペラとランディングギアは取り外し可能。プロペラはよく見ると中央パーツの色が違いますが、これは色ごとにプロペラの取り付け位置が異なるため、間違った場所に取り付けないための目印。プロペラも硬かった。

211125sonyairpeak_12d

バッテリーは2個セットで運用。ドローン本体の電源をオンにしたままのバッテリー交換が可能です(ホットスワップ対応)。電源オンオフによる時間ロスを考えた、まさにプロらしい仕様ですね。

211125sonyairpeak_13

ジンバルはGremsy社のジンバルをカスタムした「T3 for Airpeak」を採用。もともとの「Gremsy T3」がαシリーズと相性が良く、Gremsyのサイトでもα7S、α9、α6000シリーズなどとの組合わせを推奨しています。

211125sonyairpeak_14

じゃあ他のメーカーのカメラをジンバルに乗せたらどうなのかというと、乗るには乗るしドローンも飛ぶには飛ぶけど、送信機側からカメラの操作などはできないそう。今後の連携についてスタッフの人に聞いてみましたが、αシリーズのSDKを使っているので難しいみたいです。

211125sonyairpeak_19

ウリの一つである自動操縦機能は、一度飛んだルートを再度飛行するログ機能と、マップ上に通過点を打つウェイポイントに対応。このウェイポイントですが、従来では点同士を直接でしか結べなかったのが、「Airpeak S1」は点同士をベジエ曲線のように曲線で結べるんですって。今までは難しかった、曲線や円を描く自動飛行ができる!

他にも、例えば春夏秋冬の山の空撮を切り替えて見せるような映像を作るとき、現状だと一度撮った映像を見ながら操縦者が同じルートを手動で飛行しているそうですが、自動操縦があれば全く同じルートが飛行可能。自動操縦、かなり可能性感じました。

ソニーにしか作れない、画質ドリブンでカッコいいドローン

「Airpeak S1」は、映画やCMなどのプロ品質の映像制作現場での使用を意識しています。現状の映像の現場では、空撮のカメラと地上撮影のカメラとが異なるメーカーになることもあるようで、そのうなるとポスプロ段階で色合わせや画質の違いが気になることがあるそうな。

そこのところを、ソニーのシステムなら一元化できるのが利点。地上撮影でもソニー、空撮でもソニー。αシリーズの画質はプロ・アマ問わず折り紙付きですから、その画質を空撮にも転用できちゃうわけです。で、ソニーが納得する空のカメラマンを追い求めたら、ここまで仕上がったのです。

211125sonyairpeak_20

蓄積されてきたセンシング技術やイメージング技術、そしてαシリーズを中心とした様々な連携。これらが重なる特異点から生まれた、次の撮影レイヤーが「Airpeak S1」なんだと思います。カメラの次のフィールドを開拓する、攻めの哲学が具現化したようじゃありませんか。ルックスもイケメンでしょう?

Source: ソニー, Gremsy

2021年12月8日:初出時、出荷が10月下旬から始まっているとしておりましたが、実際は11月からだったため、当該部分を修正しております。

Airpeak S1 ほしい?

  • 0
  • 0
ソニー

シェアする