一体何だろう? 月の裏側で中国の月面探査機「玉兔2号」が遠くに見つけた謎の四角い「神秘小屋」

  • 93,372

  • author 岡本玄介
一体何だろう? 月の裏側で中国の月面探査機「玉兔2号」が遠くに見つけた謎の四角い「神秘小屋」
Image: Twitter

ここでウサギが餅ついてたらいいなぁ。

中国の月面探査機「嫦娥四号」に積まれて来たローバー「玉兔2号」が、月の裏側で謎の四角い物体を発見しました。「フォン・カルマン」クレーターを超えた80m向こうの地平線に見えるソレは、「神秘小屋」と名付けられ、人々の関心が高まっています。

果たしてこれは知的生命体によるUFO基地なのか? それとも、映画『2001年宇宙の旅』で見たモノリス的な物体なのか? 何しろ地球から見えない月の裏側なので、妄想が捗ります。

ジャーナリストは現実的

しかし中国の動向を追っているジャーナリスト、アンドリュー・ジョーンズ氏いわく、「画像ではよく分からないし確かに調べるべきものだが、記念碑やエイリアンのものではないよ」と言っています。そして…

8年前の12月に嫦娥3号の任務で見たように、(隕石の)衝突で隆起した大きな岩石だろうね

と、連投したツイートでは現実的な憶測がつぶやかれています。

判明するのは2022年2月頃?

この発見は11月、月面でのミッション36日目のことでした。そして今後は、クレーターなど障害物を避けながら、月での2~3日後(地球の2~3カ月後)にもっと近寄って調査するとのことです。答えが分かるまでまだかかりますが、途中経過で徐々に明らかになっていくかもしれませんね。世紀の大発見に期待したいものです。

Source: Twitter,CNSA, SPACE.COM via INTERESTING ENGINEERING, Boing Boing

    あわせて読みたい