【噂】アップルのクックCEO、2026年に退任説?

  • author 塚本直樹
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
【噂】アップルのクックCEO、2026年に退任説?
Image: Shutterstock

あくまで噂ですよ。

Apple(アップル)の顔として、イベントから公聴会まで日々活躍するティム・クックCEO。そんなクックCEOが2026年に退任するとの噂が、海外にて流れています。

個人的にはクックさんにお会いしたことはありませんが、日本のアップルストアにクックさんが訪れた際にはギズモードも取材でお世話になっているんですよね。日本の開発者と穏やかな表情で話し合う姿が、とても印象的でした。

さてさてそんなクックさんですが、海外テックサイトのiDropNewsが匿名を希望する関係者から独占入手した情報によると、アップル社内ではクックさんが「もう一つの主要な製品カテゴリー、つまりAR/VRの立ち上げにのみ関わりたい」と考えられているそう。

そしてアップルのMR/VRヘッドセットが2022年〜2023年に、そしてARスマートグラス(Apple Glass)が2025年に投入されるという噂と、2026年に退任というスケジュールがちょうど一致しているのです。ま、AR/VR製品がヒットしたらその後もCEOを続けてほしい気もしますが…。

さらにiDropNewsは「あくまで考察だ」としながら、クックさんの2028年の米国大統領選への出馬の可能性も指摘しています。2026年に退任すれば、2028年の民主党予備選に出馬し勝利することもできる…というわけですね。ちょっと突飛なストーリーのような気もしますが、クック大統領の誕生という可能性もゼロではないようです。

2011年から正式にアップルのCEOとなり、修理する権利の拡大などよりユーザー寄りの改革を続けてきたクックさん。なお退任後は、現在アップルでCOOを努めているジェフ・ウィリアムスさんがCEOに就任すると噂されていますよ。5年後、10年後のアップルはもっといい会社になっているかな?

Image: Shutterstock

Source: iDropNews