ザ・ノース・フェイスの新作「ゼファーマフラー」は軽くてコンパクトで暖かい! これからのシーズン、頼りになりそう

  • 34,904

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 編集部
ザ・ノース・フェイスの新作「ゼファーマフラー」は軽くてコンパクトで暖かい! これからのシーズン、頼りになりそう
Photo: OGMAX

ROOMIE 2021年10月26日掲載の記事より転載

気付いたらアウターをしっかり着ないと寒い気温に。今年は秋の気配を感じて段々と寒くなってきて、とはいかず、急激に冷え込みましたね。

寒い日が続いて気になるのが、冬の防寒アイテム。

「THE NORTH FACE」から気になるマフラーが発売されていたのでゲットしてみました!

コンパクトにまとまるポケッタブル仕様のマフラー

2
THE NORTH FACE「ゼファーマフラー(ユニセックス)」

この通り、コンパクトにまとまってくれるポケッタブル仕様の「ゼファーマフラー」。

3

ロゴ面の反対側が面ファスナーで留まっているので、こちらを開くと。

4

中には折りたたまれた状態のマフラーが。

5

ポケット部分をめくるように引っ張り出すと。

6

マフラー本体が出てきました。

7

こちらがポケットになっていた部分。

本体に収納ポケットが付いているので、別途でポーチなどが必要にならないのがいいですね。

8

面ファスナー部分を閉じてあげれば、首に巻いた時に面ファスナーが肌に触れることはありません。

軽くてコンパクトで暖かい

9

あれだけコンパクトにまとまっていましたが、長さ182cm × 幅24cmとしっかり長さも幅もありますね。

10

収納時は白いプリントロゴが見えていましたが、マフラー本体のロゴは同色のプリント。

目立ちすぎない仕様が個人的に嬉しいです。

11

実際に巻いてみると、これがかなり暖かい。

12

中わたには「プリマロフトブラックバイオ」という湿潤時でもロフトが潰れにくいものが使われていて、生地には20デニールのパーテックスカンタムを使用。

13

アウトドアウェアでよく使われているこちらの素材。

軽量でありながら耐久性もあり、生地自体もしなやかで肌触りもいいんです!

14

撥水加工が施されているわけではありませんが、生地自体が水をある程度は弾いてくれる為、小雨程度なら中わたまで濡れてしまう事も無さそう。

15

シンプルなデザインなので、キャンプなどのアウトドアシーンからタウンユースまで、幅広く使えますね。

収納も慣れちゃえば簡単

16

収納時はまず細くなるよう折りたたんであげましょう。

17

そのまま収納ポケットの大きさになるようたたみます。

18

ポケットをひっくり返すようにして。

19

マフラー本体を収納。

20
21

形を整えたら、少し折りたたんだマフラー本体を潰すようにギュッと抑え込み、面ファスナーをくっつけます。

22

するとこの通り、コンパクトにまとまりました!

23

ちょっと大変そうに見えるかもしれませんが、数回やってみたら慣れてスムーズに収納できるようになりました。

24

収納時のこの状態、結構ふかふかでキャンプで簡易枕としても使えそうだ。

25

朝と夕方以降の冷え込む時間帯は首に巻いて、日中は収納してバッグの中へ。

なんて使い方もしやすい機能性抜群なTHE NORTH FACEの「ゼファーマフラー」。

26

使ってみて「こんなマフラーが欲しかったんだ!」という気持ちになった、これからの季節で大活躍間違いなしな防寒アイテムです!

※価格など表示内容は、執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Text, Photo: OGMAX

    あわせて読みたい