真冬のライダーに! ヒマラヤ冒険家が発案した手袋「Yetti Mitts」がすごい

  • 17,588

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author 飯田あゆみ
真冬のライダーに! ヒマラヤ冒険家が発案した手袋「Yetti Mitts」がすごい
Photo: 飯田あゆみ


こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

バイク乗りにとって真冬の走行の寒さは応えるものがありますよね。

筆者も趣味でバイクを乗るのですが、冷気を遮断するためのアイテムは常にチェックしています。防水、防寒、防風性能に優れ、ダサくなくて、しかも使い勝手の良いバイクグローブがないかなと探していたところ、今回、姉妹サイトmachi-yaにてクラウドファンディングを始めた手袋を発見。「Yetti Mitts(イエティミット)」は、スキー、スノボや雪山登山など、極寒のアウトドア用に開発された製品。

今回サンプルをお借りすることができたので、バイクライフの切実な悩みに答えられるのか、いろいろ試した結果をお伝えします。

熱を逃がさない米軍御用達の防寒性能

4181d-itksn
Photo: 飯田あゆみ

「Yetti Mitts」は、レイヤー1(肌に触れるミトンの層)とレイヤー2(ミトンを覆うカバーの層)に分かれています。

レイヤー1は米軍でも採用されている断熱素材だそうで、防寒はばっちり。陽ざしがあれば、12月でもしばらく付けていると汗ばむほどです。それを覆うレイヤー2は防水素材でできているため、急な雨や雪でミトンが濡れても凍傷を気にせずツーリングを続けられます。2つのレイヤーを組み合わせて使えば-25度まで対応可能とのことですから、指が凍えて操作ができないということもありません。富士山頂の最低気温の記録が-38度だそうですから、平地を走っていてこのミトンで対応できない寒波はそうそう来ないんじゃないでしょうか。

さらにレイヤー1には、指先にカイロを入れるポケットまでついているのです。至れり尽くせりとはこのことですね。

detail_20504_16313396639446
Image: NAIA TRADE

ミトンを外さなくても細かい操作ができる

IMG_9442
Photo: 飯田あゆみ

「Yetti Mitts」のさらに便利なところが、レイヤー1のこの機能。ジッパーを開けて指を出せるので、買い物の際にコインを取り出すのもミトンを付けたままでも大丈夫。スマホ操作も楽々です。

細かい操作をするたびに、いちいち手袋を外したりつけたりするのは結構ストレスフルな上、外した時に手袋を失くしてしまいがちです。つけたままでいられるのは、保温の観点からもありがたいですよね。

IMG_9435
Photo: 飯田あゆみ

便利さを徹底追及したマグネットボタン

4numn-3npdk
Photo: 飯田あゆみ

これだけでもすごいのに、さらに使い勝手をよくしてくれているのが、このマグネットボタン。

「Yetti Mitts」の優れたアイデアの1つは、先端の指を覆う部分が倒れてきて視界を邪魔しないようにワンタッチで折りたたんで固定できるところ。マグネットボタンなら、面ファスナーやスナップボタンと違って、ミトンが雪で凍りついていても問題なく使えますもんね。さすがヒマラヤの冒険家が考えただけのことはあるなと感じ入ってしまいました。

そのほかにも、レイヤー1も2も親指の外側はゴーグルワイプになっていて、曇った眼鏡をさっと拭えます。個人的にはこれが1番ありがたい機能でした。

detail_20504_16313419314959
Image: NAIA TRADE

極寒の冬のアウトドアを楽しく過ごすためのマストアイテム「Yetti Mitts」は、XSからXLまでの5段階のサイズに対応しています。

ただいま姉妹サイトmachi-yaにてクラウドファンディングに挑戦中。本記事の執筆時点では、35名限定で超早割の23%OFF 、一般販売予定価格23,760円のところ18,295円( 税込・送料無料 )から支援が可能です。プロダクトの詳細やエントリーは、以下のサイトをご覧ください。



>>-25度のヒマラヤ山脈でも快適あったか手袋【イエティミット】便利な多機能グローブ

Source: machi-ya

    あわせて読みたい