シリーズ最薄、自称世界最薄ゲームノート「Alienware x14」 #CES2022

  • 10,183

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
シリーズ最薄、自称世界最薄ゲームノート「Alienware x14」 #CES2022
Image: Alienware
Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

ゲーム端末といえども、薄く軽くなってくれるのは嬉しい。

昨年、Dellのゲーム端末ブランドAlienwareはXシリーズの軽量かつ薄さで注目を集めましたが、今年も飛ばします。Alienwareいわく世界最薄ゲームノートPC、14インチのAlienware x14が発表されました。

220105alienwarex1401
Image: Alienware

Alienware x14の重さは4ポンド(約1,800グラム)で、厚さは0.57インチ(約14ミリ)。Alienwareが今までリリースした中では間違いなく最薄。ダブルトルクヒンジを使い、余分なスペースを省くことで、コンパクトボディながらも85Wの電力供給を実現。Alienwareの冷却システムElement 31で、Intel第12世代Core i7-12900H CPUとNvidia GeForce RTX 3060のグラフィックをしっかりクールオフ。DDR5メモリは32GB。ストレージは2TB PCIe NVMe M.2 SSD。Core i7 CPUとNvidia RTX 3060にメモリ32GBなら、ほとんどのゲームはそれなりに高画質で問題なくプレイできるのではないでしょうか。

薄いボディはもちろん、ディスプレイにも注目。14インチ(1,080p)の画面はリフレッシュレートが144Hz。レスポンスは7ミリ秒。昨今はやりのブルーライトカットパネルで目に優しい。ゲーマーに嬉しいのはNvidia G-SyncとGPU切り替えが可能なAdvanced Optimus Technologyの両方に対応していること。

220105alienwarex1402
Image: Alienware

Alienware x14は、基本的には、他のXシリーズのコンパクト版。見た目もAlienware x15、Alienware x17から借りてきたようなデザインです。シャーシはアルミとマグネシウム合金で、エイリアンの顔ロゴが中心に配置されています。もちろん光るよ!

気になるポートは、Thunderbolt 4が2つ、USB 3.2 Type-C(Gen 2)が1つ、HDMI 2.1が1つ、USB 3.2 Type-Aが1つ、microSDカードスロットが1つ。対応ネットワークは、Bluetooth 5.2、Wi-FI 6E(Killer AX1690iワイヤレスカード)。

220105alienwarex1403
Image: Alienware

サイズダウンの代わりと言ったらなんですが、Alienware x14ではパフォーマンスに制限あり。RTX 3060のみ対応で、より大きい他モデルで選べるRTX 3070やRTX 3080は不可。CPUもCore i9オプションはないし、スクリーンも高画質オプションなし。ただ、バッテリーは80Whなので心配ないかと。

リリースは米国で2022年前半(春前)を予定しており、価格は1,799ドル(約20万8700円)から。日本でのリリース時期は未定。


Alienware x15 R2・Alienware x17 R2

15インチ、17インチモデルもアップデートして、Alienware x15 R2Alienware x17 R2へ。プロセッサがDDR5対応のIntel第12世代Coreになり、グラフィックはNvidia RTX 30シリーズ(詳細はまだわからず)に。15インチは最大Core i9-1900H、17インチモデルは最大Core i9-12900HKが可能。メモリは最大32GB、ストレージは4TB。ディスプレイもオプションありで、1,080pのリフレッシュレート360Hzパネルか、4Kの120Hz(15インチは1,440pの240Hz)が選択可能。もちろん、Nvidia G-SyncとAdvanced Optimus Technologyに対応。x14と同じくこの冬リリース予定で、x15 R2が2,199ドル(約25万5000円)から、x17 R2が2,299ドル(約27万8000円)から。

220105alienwarex1404
Image: Alienware

Alienware m15 R7・m17 R5

お手頃サイズのMシリーズもアップデートされており、Alienware m15 R7Alienware m17 R5 Ryzen Editionを発表。m15 R7の詳細はまだ明かされていませんが、AMD RyzenかIntel第12世代Hシリーズのどちらかが採用される予定。グラフィックはRTX 30シリーズ。Alienware m15 R5のレビューでは端末自体には好感触だったものの、パフォーマンスと価格のバランスがいまひとつだったけどね。

m17 R5 Ryzen Editionは、17.3インチのディスプレイが1080pでリフレッシュレート165Hzから4Kの120Hzまで対応。最大スペックはRyzen 9 6980HX CPUにグラフィックがRTX 30シリーズ。メモリは64GB(DDR5)でストレージは4TB M.2 SSDとなっています。

Alienware x14 ほしい?

  • 0
  • 0
Dell

シェアする