ご自宅の美音快音の源となるデスクトッププレーヤー「ACRO CA1000」

  • 18,511

  • author 武者良太
ご自宅の美音快音の源となるデスクトッププレーヤー「ACRO CA1000」
Image: Astell&Kern

コンパクトなデスクトッププレーヤーとして、いいですなコイツ。

ハイレゾ音源の再生そのものは、ある程度のスペックのPCがあれば事足ります。しかし本当にいい音を耳に届けるのであれば、オーディオインターフェースやUSB DAC、アンプにこだわらなければならず、そのこだわりがPCと各機器を結ぶケーブルを呼びに呼び、スタイリッシュだったデスクトップがごちゃっとしがちなのが辛いところ。

Astell&Kernの「Acro CA1000」は、ハイエンドなDAPの性能と、同じくハイエンドなヘッドホンアンプの機能を一体化した据え置き型のプレーヤーです。アルミのゴツいケースのなかに、最新世代のESS DACチップであるES9068ASをゴージャスにも4台も盛り込み、32ビット/ 384kHzまでのPCM・ネイティブDSD512のハイレゾ音源を再生。2.5mm、3.5mm、4.4mm、6.5mmと4サイズのヘッドホン端子またはRCA端子からピュアなサウンドを出力します。光端子、USB Type-C公式からデジタル出力も可能です。 Bluetooth 5.0準拠で、aptX HDとLDACのワイヤレス機器とも接続が可能です。

公式では「ありとあらゆるヘッドホン/イヤホンを駆動できる」といったメッセージを発しています。RCA/光端子を使えばフロアスピーカーも鳴らせますし、頼もしいじゃないですか。

20211229182014_f9f875e8-8be8-47bc-b7e9-8c18aa0f3f8f
Image: Astell&Kern

据え置き型でありながら8,400mAhの大容量バッテリーを搭載。コンセントの近くでなくても使えます。またバッテリーの充電は9V 3.0AをサポートしたUSB-PD2.0により、約2時間30分でフル充電。...遅くない? いや、それだけマジで大容量なんですよ。

この容量は、スマートフォンのように一日バッテリーをもたせるために低消費電力性能を求めたものではなく、大電力を使ってでも高音質を求めた結果でもあるのでしょうね。

20211229182007_64c0d28f-5ca4-47ad-b31c-0b55c6619f85
Image: Astell&Kern

ディスプレイはまるで取り外して、DAPのようにして使えそうなイメージがありますが、これは本当にディスプレイ。Astell&KernのDAPと同じUIでタッチ操作できます。

良質な音源とプレーヤーを自宅のなかで持ち歩くための「Acro CA1000」。外出したくないけど気分をかえたいというときに、ピッタリのデバイスじゃないですか。

Source: Astell&Kern

ACRO CA1000 ほしい?

  • 0
  • 0
Astell&Kern

シェアする

    あわせて読みたい