プレイ動画ずっと見ちゃうなこれ。コナミが『悪魔城ドラキュラ』35周年を記念してNFTアートをオークションに出品

  • 12,947

  • author 岡本玄介
プレイ動画ずっと見ちゃうなこれ。コナミが『悪魔城ドラキュラ』35周年を記念してNFTアートをオークションに出品
Image: KONAMI

今や猫も杓子もNFTの時代ですからね。

名作ゴシック・ホラー・ゲーム『悪魔城ドラキュラ』が、誕生から35周年を迎えました。コナミはその記念にと、同作のピクセル画像やプレイ動画、BGMをNFT(非代替性トークン)アートとしてオークションにかけることを発表しました。世界でも『Castlevania』として名高いゲームなので、熾烈な入札競争が起こりそうです。

出品されるのは14アイテムで、どれも1点限定。動画はボス戦の攻略の様子で、何度見ても胸アツです。オークションはOpenSeaにて1月13日7時~1月15日11時となっています。

220108_konami2
Screenshots: OpenSea

入札までの道程はちょっと長い

NFTアートは、イーサリアム(略してETH)という仮想通貨での売買となります。そのためには取引所とOpenSeaでアカウントを開設し、ETHを振り込むプラグインをブラウザーに追加、さらに銀行から入金したりと、数多くの段階を踏む必要があります。いろいろ大変ですが、今のうちから各口座の開設と資金を準備しておきましょう。

もし今回の競売に間に合わなくとも、コナミは今後も懐かしの名作をNFTアートとして出品する計画があるようです。『ツインビー』や『グラディウス』、『メタルギア』など誰もが知るゲームが山のように控えていますよね。個人的には、『リサの妖精伝説』もNFT化して欲しいところです。

Source: Twitter, OpenSea via KONAMI (1, 2) via PC Watch

    あわせて読みたい