ダニエル・クレイグの007シリーズを振り返るドキュメンタリーがYouTubeで無料公開

  • 14,402

  • author Germain Lussier - Gizmodo US
  • [原文]
  • はらいさん
ダニエル・クレイグの007シリーズを振り返るドキュメンタリーがYouTubeで無料公開
Image: MGM

007ファンにはたまらない最高のドキュメンタリー。

俳優ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドを演じると発表されてから早16年。彼が演じる007は常にリアリティに満ち溢れ、これまでボンド役を演じてきた俳優たちに比べて共感させられる部分も多くみられます。

そんな彼が最後のジェームズ・ボンド役を演じたシリーズ最新作『007/ ノー・タイム・トゥ・ダイ』は昨年10月にようやく公開されましたが、ジェームズ・ボンドとしての人生を振り返るドキュメンタリーがYouTubeで無料公開されています。

15年間演じたジェームズ・ボンド役を振り返る

ダニエル・クレイグが15年間演じたジェームズ・ボンド役を振り返るドキュメンタリー『ジェームズ・ボンドとして』は、『007/カジノ・ロワイヤル』から最新作までの未公開映像だけでなく、ダニエルが自身の思い出をプロデューサーたちと語り合う様子が収められています(日本ではAmazon Prime Videoでも配信中)。

Video: James Bond 007/YouTube

ちなみに、このドキュメンタリー内では最新作の結末については触れていないので、まだ本編を見ていない方もご安心を。

撮影最終日には涙を流す姿も

ドキュメンタリーでは新007が発表されたときの世間の反応や各タイトルの裏話についても触れていますが、撮影最終日にダニエル氏が感謝の言葉をスタッフに向けて語るシーンも収められています。

ここにいる多くのスタッフが僕と一緒にシリーズ5作を作り上げた。僕は007シリーズが大好きだし、その中でも『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は格別だ。毎朝起きるたびに、皆と働けるのは最高の栄誉だと思ったよ。

15年間演じたジェームズ・ボンド役をついに卒業したダニエル・クレイグ。個人的には彼の演じる007が歴代の中でも一番好きでしたが、次に殺しのライセンスを受け継ぐ者は誰なのか、今からとても楽しみです。

    あわせて読みたい