さよなら、レガシーなBlackBerryデバイス

  • 12,529

  • author Jody Serrano - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
さよなら、レガシーなBlackBerryデバイス
Image: Lenscap Photography / shutterstock.com

スマートフォンの歴史を作りました。

iPhoneに先駆けてさまざまなネットサービスを組み込んだ情報端末として登場した、BlackBerry。しかし残念なことに、2022年1月4日に古いレガシーデバイスが寿命を迎えます。

私(訳者)が触れたことがあるBlackBerry端末は、NTTドコモからも発売された「BlackBerry Bold」でした。iPhoneとは異なる物理キーボードを備えた艷やかな本体は、いかにもビジネスマン向けの端末といった趣で、とてもかっこよく感じたものです。

古いBlackBerry端末は主要な機能を利用できなくなる

2016年にはハードウェア事業から撤退していた、BlackBerry。さらにアプリストア「BlackBerry Word」や、メッセージングサービス「BBM」も終了していました。そして公式サポートの声明によると、レガシーデバイスに相当する「BlackBerry 7.1 OSより前」「BlackBerry 10ソフトウェア」「BlackBerry PlayBook OS 2.1より前」のバージョンを搭載した端末では、1月22日以降にその主要な機能が利用できなくなるのです。

BlackBerry(ブラックベリー)社は現在これらの端末にセキュリティアップデートを提供していますが、2020年9月にはそのライフサイクルが終わることを発表していました。これにより、「Wi-Fiやセルラー通信によるデータ、電話、SMS、緊急通報(911)などの機能が利用できなくなる」と説明しています。

さらに「BlackBerry Link」「BlackBerry Desktop Manager」「BlackBerry Blend」などのBlackBerryアプリは、機能が制限されます。BlackBerryが提供するメールアドレスやリダイレクトサービスを利用している場合、他のサービスへと移行する必要があります。

一方で新しい「BlackBerry Android」端末では、先述のようにBlackBerryにてメールをリダイレクトしている場合や、強化されたSIMベースのライセンス/Identityベースのライセンスを使用している場合を除き、1月22日以降も問題なく利用できます。ただしその場合、BlackBerryのエンタープライズサービスを含む標準ライセンスを取得する必要があります。

世の中がiPhoneやAndroidスマートフォン一辺倒になった中で、静かに息を引き取るBlackBerry(のレガシーデバイス)。しかしスマートフォンというデバイスを世の中に広めるきっかけとして、その偉大な歴史が忘れられることは決してないはずです。

Source: BlackBerry

    あわせて読みたい