ギズでもお馴染み「テック先進国、イスラエル」を探るイベントに潜入

  • author 尾田和実
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ギズでもお馴染み「テック先進国、イスラエル」を探るイベントに潜入
Photo: GettyImages

きっと僕たちはイスラエルをまだ知らない

イスラエルと聞いて、みなさん何をイメージしますか?

ギズモードでも、以前から比較的よく取り上げている国で、振り返ると中東情勢、あるいはかなり尖った乗り物 VTOL(垂直離着陸機)電気自動車VRグラスの開発の話だとか。懐かしの Kinect の元となる技術もイスラエルのスタートアップでした。最近はユヴァル・ノア・ハラリ氏のイメージを持っているひともいるかもしれません。有名な『サピエンス全史』『ホモ・デウス』を執筆した歴史学者ですね。

むちゃくちゃ個人的な話をすると、知人がイスラエル・ワインの輸入販売をしていたことがあって、食べ物やお酒も美味しいけど夜の海岸に浮かび上がる月が、中東的なミステリアスさがあってとてつもなく美しいって話を聞いて印象に残っていたりとか。最近はまっているDTMでwavesという人気ソフトを開発した国だよな、とか。どことなく謎めいていて、とても魅力的なテクノロジーを開発してる技術先進国、みたいなイメージがあります(すっごいぼんやりなので反省)。

OpenToIsrael_webinar

OPEN TO ISRAELなイベントを視聴しよう

しかし、今いちばんイスラエルが注目されているのはビジネス、特にデジタルマーケティングの分野といえます。 スタートアップネーション(毎年約1400社のスタートアップが誕生し、現在は約6,000社ほど。グローバル企業の買収・進出も多い)として知られるイスラエルでは、最先端テクノロジーを駆使した革新的なソリューションが多く誕生しています。僕の周囲でも、アドテク系のスタートアップ事業者で、この国に注目していたり、実際に現地に出向いたりした人は少なくありません。

そんな、 世界をリードするイスラエルのデジタルマーケティングソリューションに焦点を当てるウェビナーが開催されます。無料ですので、興味のある方はぜひご参加ください。僕もファシリテーターとして参加します。ギズモードをよりイケてるデジタルメディアにするための重要なヒントを、ここでゲットしたいと思います!

OPEN TO ISRAEL supported by Outbrain 『世界をリードするイスラエルのデジタルソリューション』


■日時:2022年1月28日(金)12:45~14:00

■ 会場:ZOOM

■ 参加費:無料(事前登録制、登録はこちらから)

■ 共催:OPENERS(https://openers.jp/)、ISRAERU(https://israeru.jp/


《プログラム(予定)》

1. 開場・主催者挨拶

2. 「イスラエルのデジタルマーケティングテクノロジー」

イスラエル大使館 経済済担当公使兼経済貿易ミッション代表 ダニエル・コルバー

3. 「イスラエルテクノロジーを選ぶ理由」

株式会社ギャプライズ 代表取締役CEO 甲斐 亮之

4. 「クッキーレス時代におけるコンテンツマーケティング、コンテクスチュアルターゲティング」

Outbrain Japan株式会社 マネージング・ディレクター 上野 正博

5. パネルディスカッション「イスラエルのデジタルテック」

【ファシリテーター】

ギズモード・ジャパン 編集長 尾田 和実

【パネリスト】

Outbrain Japan株式会社 マネージング・ディレクター 上野 正博

OPENERS クリエイティブ・ディレクター 前田 陽一郎

6. 質疑応答

ウェビナー参加登録はこちらから。


Source : ISRAERU / OPENERS