ランボルギーニもNFTに参入。3D印刷したカーボンファイバーの「スペースキー」からアートにアクセスする

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ランボルギーニもNFTに参入。3D印刷したカーボンファイバーの「スペースキー」からアートにアクセスする
Image: LAMBORGHINI

月と宇宙とランボルギーニ?

憧れのスーパーカーを作り続けるLAMBORGHINI(ランボルギーニ)が、NFTアートを販売することになりました。そのために作ったのが、3D印刷したカーボンファイバー製「スペースキー」。これは2019年にISSとコラボして宇宙へ送ったサンプル品を加工した「鍵」であり、QRコードをスキャンして作品を閲覧します。

アーティストはまだ秘密

常にイノベーションを求めているランボルギーニは、NFTとメタバースの世界にも足を踏み入れ、新たな地平に向かおうとしているのだそうです。アート作品は「To the Moon」という、宇宙および月をテーマにした5種類で、制作する作家はひとりなのですが…誰なのかはまだ秘密とのこと。

5つの「スペースキー」は専用のアタッシェケースに梱包されるようで、近日中に競売に出されます。ですが競売についての詳細も伏せられており、発表が待たれるところです。

220121_lamborghini2
Image: LAMBORGHINI

NFTアートの世界には売れっ子作家が多数いますが、彼らのうち誰かが担当しているのか? それとも別のアーティストなのか? そしてイラストなのか写真なのか? など、内容も気になりますね。

Source: facebook via LAMBORGHINI (1, 2) via motor1