LGのディスプレイ技術の開発力が凄まじい…次世代有機EL「OLED EX」を発表 #CES2022

  • 33,297

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
LGのディスプレイ技術の開発力が凄まじい…次世代有機EL「OLED EX」を発表 #CES2022
Image: LG Display

LGの有機ELディスプレイが超進化を遂げた!

先日、LGから次世代有機EL「OLED EX」が発表されました(ちなみに先日すでにゲーセン感漂うフレキシブルOLEDディスプレイを使ったエアロバイクとリクライニングチェアも発表されました)。

最大輝度が底上げされ、画質も向上、テレビ画面縁のベゼルもさらに薄くなりました。重水素化合物の採用と、アルゴリズムによる画像処理によって、輝度を最大30%向上させることができたとのこと。ちなみにOLED EXの「EX」は、Evolution(進化)とeXperience(体験)の意味です。

輝度が向上したと簡単に言いますが、実はその技術の科学的な背景は結構スゴイのです。

LGは、水素の2倍の重さであるかなり希少な同位体である重水素(水素原子6,000個に重水素原子1個)を水から取り出す方法を発見し、それを有機EL素子に応用。LGによると、安定化した重水素化合物はディスプレイをさらに明るく発光させ、時間の経過に合わせて効率的になっていくとのことです。

さらに、LGの「パーソナライズされた」機械学習アルゴリズムを用いて、利用者のコンテンツ視聴習慣に応じて各発光ダイオード(最大8Kテレビに搭載)の使用量を予測して、「ディスプレイのエネルギー入力を正確にコントロールし、再生中のコンテンツのディテールと色を正確に表現します」とのこと。

20220102oled2
Image: LG Display

さらにこの技術により、65インチのテレビではベゼルを6mmから4mmまで薄くすることができました。そして今回の発表でLGが偉いのは、このOLED EXは新技術のコンセプトでもプロトタイプの発表でもなく、実際に今年から発売されるということです。具体的な発売日までは明らかになりませんでしたが、早ければ2022年前半から、韓国パジュと中国の広州の拠点で製造されるすべてのOLEDテレビで採用される予定です。

LLG Displayの、オ・チャンホ副社長兼TV事業部長は、昨年「グローバルのテレビ市場は12%減少したにもかかわらず、OLEDの売上は70%の伸びを記録しました。新しいOLED EX技術、アルゴリズム、デザインの進化で、さらに革新的でハイエンドな顧客体験を提供することを目指しています」と述べています。

一方、CES 2022でライバル企業が発表してくる製品も追っておかないといけませんね。サムスンは、QLEDパネルとLGの有機ELディスプレイのギャップを埋めるために、QD-OLEDという技術を明らかにしています。量子ドットと有機ELの要素を組み合わせることで、完璧な黒、驚異的なコントラスト、そして輝度レベルの向上を狙っています。またソニーは、独自のQD-OLEDテレビを発売するだろうと報じられています。

再びテレビ戦争が激化しています。どこが勝ち残るはわかりませんが、テレビの画質は年々確実に良くなっていることは間違いありません。