第12世代CoreはM1 Maxより高性能。ただし…

  • 50,405

  • author 塚本直樹
第12世代CoreはM1 Maxより高性能。ただし…
Image: Intel

どっちが最強?

CES 2022にあわせてIntel(インテル)から発表された、モバイル向けの第12世代Coreプロセッサ(Alder Lake)。こちら、ベンチマークテストによりApple(アップル)の「M1 Max」プロセッサ超えの性能が確認されました。

Macworldが紹介するGeekbench 5のベンチマークテスト結果によると、Core i9-12900HKのスコアは12707で、M1 Maxの12244を4%上回ります。なんとか謳い文句どおりに、M1 Max超えを果たした…といったところでしょうか。ただし…

消費電力は段違い

一方で、Core i9-12900HKを搭載したMSI製ノートパソコン「GE76 Raider」は、ベンチマーク計測中の消費電力は常に100ワット超え、時に140ワットに到達することも。これは、M1 Maxを搭載した16インチMacBook Proの約40ワットをはるかに上回るものです。

最高のパフォーマンスが必要なら、Core i9の上位モデルを選択するのもありなのかもしれませんが、ウェブブラウジングや動画視聴を含めた一般的な用途でノートパソコンを利用するなら、M1シリーズのチップのほうがずっとエコかな…と。M1 Pro(M1 Maxの下位バージョン)を搭載したMacBook Proを所有しているのですが、なによりも驚かされたのはその電力効率です。動画のエンコードをしても、全然ファンが回らないのですから…。

Image: Macworld via MacRumors

    あわせて読みたい