手のひらサイズでランチやアウトドアにも。アメリカ発のミニカトラリーセットが登場

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author Haruki Matsumoto
手のひらサイズでランチやアウトドアにも。アメリカ発のミニカトラリーセットが登場
Image: WINCLE

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

キャンプもいいけどランチボックスにも良さそうだね。

来年にはプラスチックスプーンなども有料化の見込みですが、プラゴミ削減自体は環境にも良いことなのできちんと受け入れたいですよね。

ということで今後はマイカトラリーも必須アイテムになるかもしませんので、姉妹サイトmachi-yaにてキャンペーン中の「êköカトラリー」をご紹介しておきます。

Video: Wincle/YouTube

簡単にグリップを拡張

1234562
Image: WINCLE

「êköカトラリー」は持ち手部分が脱着可能になっているカトラリーセット。たたんだ状態では手のひらにも収まりそうなミニマル設計となっています。

eko_instruction
Image: WINCLE

使用時は樹脂パーツを取り外し、向きを変えて再装着することで拡張ハンドル仕様に

持ちやすさは実際に使ってみないと分かりませんが、拡張後の長さは約15cmほどあるのでカップ麺など深めの容器にも対応できそうです。

d81957af-9a21-4878-b7a1-868626e192f7
Image: WINCLE

ご飯の時は拡張して、デザートでは短くするなど使い分けもできますね。

またセット内容はスプーンとフォークの2種類ですが、サイドがノコギリ状に切り出されているため簡易的なナイフとしても使えるよう工夫されているようです。

汚れ対策もしっかりと

eko_pic2
Image: WINCLE

素材にはアウトドア用品に限らずですが、耐久性や耐腐食性に優れた定番のステンレス鋼304を採用。

eko_wash_short
Image: WINCLE

さらに特殊な研磨処理によって汚れが落ちやすいよう加工もしてあるため、

eko_clean
Image: WINCLE

汚れ具合にもよりますがペーパータオルなどでも簡単に付着物を拭き取れるそうですよ。

使い終わった後すぐに洗えるシーンばかりでもないので、普段使いはもちろんキャンプシーンなどでも衛生面をキープできるので安心ですね。

持ち運びやすいサイズ

03
Image: WINCLE

コンパクトな設計に加え専用の収納ケースも付属しているため、持ち運びの良さは言わずもがな。カバンに常時収納していても邪魔にならなそうですね。

eko_cooker
Image: WINCLE

また持ち物を少なくしたいキャンプなどでは、クッカーにスタックしておくことで省スペースに持ち運びできそうじゃないでしょうか。

シンプルな構造ですが、使いやすさと機能美を兼ね備えたアイテムとなっていますね!


コンパクト設計ながら持ち手を拡張できる「êköカトラリー」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを開始しています。

執筆時点で、拡張グリップなしが30%OFFの3,980円、拡張グリップありが26%OFFの4,980円(共に税・送料込み)からオーダー可能となっていましたよ。

普段使いからキャンプ利用までできそうなアイテムとなっていましたので、気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

>>手のひらサイズで携帯性バツグン! 汚れ落ちに優れたプレミアムカトラリーセット

Image: WINCLE

Source: machi-ya, YouTube

    あわせて読みたい