こんな巾着バッグが欲しかった! たくさん入れても型崩れしないし、どんな服にも合わせやすいって最高です

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 編集部
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
こんな巾着バッグが欲しかった! たくさん入れても型崩れしないし、どんな服にも合わせやすいって最高です
Photo: マツザキ チアキ

ROOMIE 2022年1月8日掲載の記事より転載

仕事以外だと荷物が少ないので、巾着バッグを使うことが多いのですが、財布にポーチ、スマホの充電器、ペットボトルを入れると形が崩れてしまうのがすごく残念だな~と思っていました。

どんなファッションにも馴染みやすい巾着バッグだからこそ、出番が多くなっているにもかかわらず、あまり機能性がないので、出先で少しストレスを感じることも少なくありません。そのうえ、マチがないものがほとんどなので、地面に置きたいときは自立してくれないし……。

このように、巾着バッグユーザーからすると、もっと機能性がある巾着バッグが欲しい!というのが本音でした。

機能性あふれた巾着バッグ

2
サイズ:高さ 23.5cm、横 28cm

その声を聞いてくれていたの?と言わんばかりか、なんとROOMIEが財布やバッグ、スマホショルダーなど、さまざまなレザーのアクセサリーを展開しているパリのブランド「パトリックステファン」とコラボアイテムを作ったというのです。

それがまさに、求めていた巾着バッグ。

スマホや財布、ポーチ、充電器、350mlのペットボトルなどが十分入る大容量っぷり。ちょっとした外出には申し分ないほどの収納力です。

3
マチの幅 15.5cm

重みのあるアイテムをいれても型崩れしない秘密は、このまあるいマチにあります。

4

このマチがあるおかげで、バッグは自立してくれるし、バッグを底から支えてくれるので型崩れしないのです。

底がまあるい円柱バッグだと、少し上品に見えてしまわないか? と不安に思いますが、こちらは上部が巾着で絞れるようになっているので、カジュアルな雰囲気に。そのため、ユニセックスで使いやすいのもポイントです。

▶Migaru GRAY-BAG販売ページはこちら

展開カラーが絶妙

5

ROOMIEカラーの暗すぎず明るすぎないマットなグレーのレザーで、写真通りのカラー。使っていくとどんどん馴染んでいき、やわらかくなっていくだろうなと感じる素材です。

6

バッグの裏地はピンクやオレンジ、イエローといったビタミンカラーの3色と、ホワイトの全4色展開

どれも、グレーとの相性がバツグンなのですが、私は悩んだ結果、オレンジを選びました(ギリギリまでピンクと悩んでいました)。

7

私は原色が大好きなので、バッグを少し開けたときにチラッと見えるカラーがたまらない!

バッグの裏地と身に着ける小物で色を合わせるのもよさそうです。

さらに、バッグの裏地には、ROOMIEとパトリックステファンの文字がレザータグに刻印されているのもポイント。主張しすぎないタグは、気を遣わなくて◎。

どんなファッションでも、どんな持ち方でもOK

8

実際にバッグを持って、いざ外出!

9
ストラップの長さ(素材は本体と同じ牛革):126cm、80cmの2種類(ともに金具は除く)

ギュッと絞る紐で持つのもアリ、取り外し可能なストラップを付けて肩欠けるのもアリなので、服に合わせてバッグも変えられるのが、本当に使いやすいんですよね。

10

いまの時期、アウターを着ることが多いので、肩からかけるのは難しいかな~と思っていましたが、そんなこともありません。

ショルダーストラップは長さ調整が可能なので、アウターの厚さにあわせて、ちょうどいいところに調整できます。

11

また、片方の肩に掛けて持つことはないかな~と思っていたのですが、この時に着用していたヘンリーネックタイプで胸ポケットのあるワンピースの場合、斜めにかけてしまうと体の上半分がごちゃつきそうだったので、肩から掛けてみると意外としっくり!

「この服が着たいし、このバッグを使いたいけどなんか違う」なんてこともあるので、持ち方を変えられるバッグはとっても便利だな~感じています。

3-1

といいつつ、私のスタンダードな持ち方はこちら。

買って損なしの巾着バッグ

12

いままで出会わなかった、とっても使いやすい巾着バッグですが、ROOMIEでしか手に入りません!

機能性のある巾着バッグは、持っていて損なしなので、ぜひゲットしてほしいな~。

▶Migaru GRAY-BAG販売ページはこちら


※価格など表示内容は、執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: Junmaru Sayama

Text, Photo: マツザキ チアキ