テスラ「モデル3」を魔改造して、月額9万円の仮想通貨をマイニングする猛者現る

  • 71,340

  • author 岡本玄介
テスラ「モデル3」を魔改造して、月額9万円の仮想通貨をマイニングする猛者現る
Image: Siraj Raval / YouTube

愛車が金儲けしたら最高すぎる。

2018年型のテスラモデル3」をハッキングして、仮想通貨をマイニングしている猛者がいます。サンフランシスコ在住のSiraj Ravalさんは、モデル3のコンピューターにApple M1搭載のMac Miniを、そしてモーターに5つのGPUを繋ぎ、イーサリアムとビットコインを稼がせているのです。

テスラは車輪にコンピューターが乗っかったクルマだ

この魔改造は平たく言えばクルマを電源にしているのと同じで、とても簡単なのだそうです。しかし保証対象外になるので、覚悟が必要となります。月額3500円~7000円程度かかる電気代は、月に4万6000円~9万2000円ほど可能な採掘で全部賄えてしまいます。それに採掘を元手に投資が上手くいけば、モデル3が何台も買えてしまいますよね。

Video: Siraj Raval / YouTube

採掘マシンとしては効率的ではないけれど

「450万円以上するモデル3を保証対象外にしてまで稼ぐには、月9万円では割に合わない」と考えるエンジニアもいるようですが…Ravalさんは将来、テスラ車を使った自動運転ロボタクシー会社を立ち上げようという夢があり、こうしたハッキングからセルフプロモーションを行っているのだそうです。

テスラの自動運転機能はまだ完全に実現していませんが、そのうちRavalさんが左うちわで高笑いをする日が来るでしょうね。

Source: YouTube, CNBC via Futurism

    あわせて読みたい