インドネシアの大学生、5年分の自撮り画像で作ったNFTアートが1億円になる

  • 20,093

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
インドネシアの大学生、5年分の自撮り画像で作ったNFTアートが1億円になる
Image: Twitter

無表情な顔も継続すれば大金に。

インドネシアの大学でコンピューター・サイエンスを学ぶ、22歳のSultan Gustaf Al Ghozaliさんが、18歳から22歳までの5年間、毎日PCの前で撮り溜めた自撮り写真をNFTアートして出品。ひとつ3ドルからのスタートでしたが、1,000枚ほどの写真は半数近くが売れ、どんどん値が釣り上がった結果合計100万ドル(約1億1400万円)になってしまいました。

自分の顔が1000枚並ぶ

最初に公開した時のスクショはこんな感じで、1枚ずつの写真もあれば、全てを並べてコラージュした画像もあります。

またこれらは動画にもなっており、彼の成長が見て取れます。

インドネシア人もビックリ

彼はブロックチェーンについて勉強したことから、NFTアートを取り扱うOpenSeaに自撮り写真を出品することを思いつきました。

もしコレクターの誰かが、自分の顔を買ってくれたら面白いなと思いました。誰も買わないと思ったので、3ドルにしたんです

Ghozaliさんいわく、すべての写真にストーリーがあるのことで、たとえばこちらはコロナ禍の第2波に撮ったのだそうな。

しかしそのうち1枚が約9万2,000円に値上がり、有名シェフが購入後にツイートしたのがきっかけで大バズりの波が到来。数日で400人以上が写真を買い求め、合わせて100万ドルになったのでした。

怖くて親に言えない

「正直言って、まだ両親に伝える勇気がありません。彼らは何で僕がどこからお金を入手しているのか不思議がるでしょう」と語るGhozaliさん。なぜ人々が自分の顔を欲しがるのか理解に苦しんでいるようですが、5年間の努力が報われたことに感謝しています。

ホントに何が当たるかまったく予想もできないNFTの世界。筆者の作品はまだ売れていませんが、誰にでもチャンスはありますよ!

Source: Twitter, OpenSea (1, 2) via COINTELEGRAPH, today