テレビ電話やゲームやNFTアートの表示にも。未来すぎる卓上型ホログラフ画面「PORTL M」#CES2022

  • 8,046

  • author 岡本玄介
テレビ電話やゲームやNFTアートの表示にも。未来すぎる卓上型ホログラフ画面「PORTL M」#CES2022
Image: PORTL

「メタバースへの窓」ですって。

かつて等身大のホログラフィック・ディスプレイを作ったPORTLから、新たに卓上型モデル「PORTL M」が誕生しました。

220127_portl2
Image: PORTL

仕事も趣味も日常も

たとえば身体を与えた音声アシスタントが動き回ったり、全身を映したテレビ電話や会議、買い物、ゲーム、または医療用にX線やCTスキャンした画像を出すなど、使い方はさまざま。最近はやりのNFTアートを表示する額縁としても機能します。

Video: PORTL Inc./YouTube

立体映像をタッチ操作

「PORTL M」にはAIスマートカメラ、メッシュ地で覆ったスピーカー、16GBのRAMと1TBのストレージも内蔵しており、タッチ操作が可能です。箱の中に浮かぶ立体映像を、どう操作できるのか興味深いですね。いずれはこうしたホログラフィック・デバイスのための、UI開発なども盛んになることでしょう。

ちなみに「CES 2022」では、トップ・テック賞を受賞するなど、未来のディスプレイとして期待が高まっています。

安いモデルでも約23万円!

エンタープライズ版が約57万円、家庭用だと約23万円と結構なお値段。発売は春ごろを予定しています。スマホで撮った映像がこの箱の中で立体的に動き回るとか、かなり面白そうですよね。SFの世界が現実になりつつあります。

Source: YouTube, Instagram via PORTL via INTERESTING ENGINEERING

PORTL M ほしい?

  • 0
  • 0
PORTL

シェアする

    あわせて読みたい