AMD、ノートPC向けチップ「Ryzen 6000」を発表。パフォーマンス大幅アップ #CES2022

  • 10,894

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
AMD、ノートPC向けチップ「Ryzen 6000」を発表。パフォーマンス大幅アップ #CES2022
Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

CPUは前進あるのみ。

テック系企業(&テック系メディア)のスタートはCESとともに! 今年のAMDはRyzen 6000の発表で始まりました。

Ryzen 6000モバイル向けチップは、TSMCの6nmプロセスを使ったAMDのZen3+アーキテクチャ、RDNA 2ベースのモバイルグラフィックを採用。Ryzen新作はどれも大幅にパフォーマンス性能が向上しており、トップラインであるRyzen 9 6980HX・6980HSはクロックスピード5GHz、CPUの処理速度は1.3倍、グラフィック性能は2倍へ。

220105amdryzen600001
Image: AMD

AMDいわく、以前のモデルと比べるとRyzen 6000はパワー効率が著しくアップしたのが鍵。消費電力をうまくコントロールすることで、端末構成によってはバッテリーもちは最大で24時間可能だといいます。AMDのバッテリーテストはローカルの動画再生なので、現実的な使用だと24時間は無理なのですけどね…。

Zen3+プラットフォームでは、最大オクタコアに対応。前世代のRyzen 7 5800U CPUと比べると、Ryzen 7 6800U CPUのマルチスレッド性能は最大1.28倍、シングルスレッドでも1.11倍。一方で、使用する電力は15%から40%カットします。

220105amdryzen600002
HシリーズとUシリーズ、スペック比較表。
Image: AMD

AMDのRNDA 2ベースのグラフィック性能と合わせれば、AMDいわく業界初となるハードウェアレイトレーシング対応になるとのこと。さらに、Ryzen 6000 APUは最大でメモリバンド幅1.5倍、L2キャッシュ2倍。

これ、ゲーマーにとっては、より高いフレームレートでプレイできるタイトルが増えるということです。Ryzen 7 6800Uなら『サイバーパンク2077』1080p低画質、『CS:GO』1080pウルトラ画質でも、2倍のパフォーマンスがでるということに。

220105amdryzen600003
Image: AMD

ディスクリートGPUと比較したらダメですが、それでもRyzen 6000シリーズを採用すればゲーム用ノートの性能はかなりあがります。単体GPUをノートに加えて用意するのは難しいユーザーにとってはありがとうしかない! USB 4、DDR5メモリ、Wi-Fi 6E、HDMI 2.1など次世代スタンダードとなる基準各種に対応しているのも嬉しいですね。

220105amdryzen600004
Image: AMD

Ryzen 6000 CPU搭載マシンは、今年の2月頃からで始める見込みのようですが、どのモデルに搭載されるか楽しみ!

Ryzen 6000の他に、AMD初となる3Dスタックアーキテクチャを備えたゲーム用CPU「Ryzen 7 5800X3D」も発表。オクタコア、16スレッド、AMD 3D V-Cache 64MB、クロックスピードはブースト最大で4.5Ghz(ベースクロックは3.4Ghz)。

220105amdryzen600005
Image: AMD

5800X3Dの性能は、『Far Cry』1080p高画質プレイならRyzen 9 5900Xの最大1.24倍。ただ、パフォーマンスアップは3D V-Cacheをどれほど使用するかにもよるので、タイトルによってかなり変わりそう。

AMDのCES発表で気になったのは、年内にも5nmのZen 4 CPUを発表する見通しだということ。現段階ではベンチマークや性能の話をするのは早すぎるのですが、それでもCESのキーノートではZen 4 CPUで『Halo Infinite』をプレイするデモが行われました。

220105amdryzen600006
Image: AMD

Ryzen 6000シリーズにZen 4アーキテクチャ。想定通り進めば、ライバルIntelといい戦いが期待できる年になりそうです。

Ryzen 6000搭載ノートPC ほしい?

  • 0
  • 0
AMD

シェアする