月の裏側、ベタベタでポコポコ。玉兎2号の探査アップデート

  • 38,780

  • author Isaac Schultz - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
月の裏側、ベタベタでポコポコ。玉兎2号の探査アップデート
嫦娥4号から見た玉兎2号。(Image: Wikimedia Commons)

裏と表でけっこう違うみたい。

中国の月面探査機、玉兔2号はかれこれ3年ほど月の裏側を探索し続けていて、史上最長の月面ミッションとなってます。そんな玉兎2号のチームがScience Roboticsに論文を発表し、これまでの成果と、月の裏側についてわかったことをまとめてます。

玉兎2号は2019年1月、嫦娥4号の月面ミッションの一環で月の裏側へと降りたちました。地球発の宇宙船が月の裏側に到達したのは、そのときが初めてです。ミッションの目的は、月の裏側の玄武岩の組成を分析し、月の表側のそれと比較すること。玉兎2号は着陸以降3,300フィート(約1km)の距離を移動し、月面の地質を調査してきました。

220121_farsideofmoon2
1972年、アポロ16号が捉えた月の裏側。(Image: Wikimedia Commons)

新たな論文は、玉兎2号の運動能力とともに、その地質調査結果も記録しています。発見はふたつあって、ひとつは月の裏側の地面が、表側よりややベタっとしてることです。これは玉兎2号の車輪に土のかたまりがくっついてたことで判明したことで、裏側の土は表側より粘着性の高いローム質らしいんです。

もうひとつの発見は、わりと小さめのクレーターがポコポコとたくさんあることです。論文には月の裏側のクレーター88カ所が記録されていて、うち57カ所は幅10m未満、60mを超えるものは2カ所しかありませんでした。小さなクレーターのいくつかは個々にできたものでなく、場所とサイズからして、嫦娥4号の着陸地点近くにある「織女」というクレーターに付随してできたものだと考えられてます。

クレーターは月の表側より裏側のほうが多いんですが、それは裏側のほうが隕石がぶつかりやすいからじゃありません。表側のほうが火山活動が活発なので、その振動でクレーターが崩れてしまってるからだそうです。

今回の論文は、玉兎2号の探査の最新アップデートとなります。玉兎2号の稼働開始後数ヶ月のときは、月のマントルの物質が裏側の地表にあることを発見してました。もう少し最近では、遠目では「神秘小屋」と言われたものに近づいて、実際ただの岩だったことを確認もしてます。

玉兎2号による探査は、これからも続きます。2020年には、嫦娥4号に次いで月に到達した嫦娥5号が地球にサンプルを持ち帰ったので、それぞれの分析結果比較も可能になってくることでしょう。

    あわせて読みたい