手のひらサイズでかっこいい超広角レンズ。シグマ「20mm F2 DG DN | Contemporary」デビュー

  • 6,982

  • author ヤマダユウス型
手のひらサイズでかっこいい超広角レンズ。シグマ「20mm F2 DG DN | Contemporary」デビュー
image:SIGMA

この画角と画質で、このサイズ感。

シグマから、LマウントとソニーEマウント向けの新レンズ「20mm F2 DG DN | Contemporary」が発表されました。2022年2月9日のオンラインプレゼンテーションの様子も合わせてどうぞ。

7本目となるIシリーズ

今作もPremium・Compact・PrimeをコンセプトとするIシリーズに連なるモデル。去年末には90mmと24mmが発表されましたが、今回は20mmでF2と大口径&広角路線で来ましたね。これでIシリーズのF2レンズは4本目、シリーズ全体では7本目となります。

「20mm F2 DG DN | Contemporary」は、パームサイズ=手のひらサイズの大口径レンズを目指したとのこと。寸法は全長72.4mm、最外径70mm、重量370g。なるほど、これは手のひらやポケットに収まるサイズ感だ。最短撮影距離は22cmなので、屋外でのマクロも楽しめそう。

220210sigma20mm_02
image:SIGMA

プレゼンテーションのMTFチャートにも示されていましたが、解像力はかなり、かなーり高そう。いわくレタッチが難しいサジタルコマフレアの抑制に注力したそうで、星景写真などの点光源を撮影するときに威力を感じる気がしますねぇ。作例のオーロラや夜景写真を見ても、周辺までキリっとしている。

価格は税込み9万7900円、マップカメラ価格で7万9200円。Eマウントには近いスペックの「FE 20mm f/1.8 G」がありますが、価格差やビルドクオリティなどを勘案して悩みたいところかと。にしても「SIGMA fp」と合わせて約900gの20mmとか、ミラーレスすげぇなぁ…。

Source: YouTube, SIGMA

    あわせて読みたい