アレクサって不気味さ。スーパーボウルCMのアレクサが賢すぎて怖い

  • 8,647

  • author 中川真知子
アレクサって不気味さ。スーパーボウルCMのアレクサが賢すぎて怖い
Image: amazon / YouTube

アレクサ、気持ちよりも空気読め。

AmazonのAlexaを使っている家庭は多いでしょう。音声コマンドだけで音楽をかけてくれたり、Amazonで発注してくれたりして便利です。

でも、スーパーボウルで流れたAlexaのCMは、観た人をゾッとさせるものでした。

恐怖体験をしたのは、スカーレット・ヨハンソンとコリン・ジョスト夫妻。さて、Alexaはどんなことをしでかすのでしょうか……?

Video: amazon / YouTube

実際の機能「Hunches」

コリン・ジョストが「今日は試合があるね」というと、Alexaは自動でテレビをつけてブラインドを閉め、ロゼワインを冷やしてくれます。この先読みは、Alexaに実装されている「Hunches」という機能になります。

Hunches機能に関心した2人は、「なんだか考えを読まれているみたい」と声を揃えます。しかし、これが悪夢の始まりだったとは、気づいていなかったのです。

Alexa版「不都合な真実」

気持ちよく目覚めたスカーレットは、コリンの方に体勢を向けて「ゆっくり寝るのって最高」と言いますが、コリンは顔をしかめます。その横ですかさずAlexaが「強力なマウスウォッシュ」を注文。

コリンが話し始めると、その声をかき消すようにブレンダーが勢いよく回ります。

スカーレットが台詞を披露しながら、その映画の公開日が3月8日であると伝えると、Alexaが「3月8日に死んだ振り」とリマインダーをセット。コリンは慌ててAlexaを黙らせようとします。

かと思えば、コリンの「イケメンとのラブシーンってぶっちゃけどう思ってるの?」という質問に対してスカーレットが「最悪よ」と答えれば、AlexaがFleetwood Macの『Littele Lies(小さな嘘)』を流しました。

その後もAlexaの暴走は止まらず、友人らを招待したディナーパーティで、「おばあちゃんのレシピ」がWhole Foods Marketで購入したものであることや、コリンが牡蠣を車の中に5時間も放置してしまったことをバラします。

Alexaには空気を読んで欲しい

スマートデバイスは日を追うごとに賢くなり、私たちの生活を便利にしてくれます。しかし、行きすぎた便利さは、リアルな生活に亀裂をもたらすかも。

Hunches機能はここまでおせっかいではありませんが、もしもAlexaには先回りせず控えめでいてほしいと思うなら、Hunchesをオフにしておくと良いかもしれませんね。

Source: YoouTube via The Verge

賢すぎるアレクサ ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

あわせて読みたい