好きなだけ砂かけして! 上から入るトイレで猫も飼い主もストレスフリーになった

  • 6,233

  • Buy
  • author にしやまあやか
  • にしやまあやか
好きなだけ砂かけして! 上から入るトイレで猫も飼い主もストレスフリーになった
Photo:にしやまあやか

こちらは、ギズモード・ジャパンが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

猫にイライラしたってしょうがないことはわかっているんですけどね…。

筆者が飼っている猫は、トイレで排泄後、これまでかというほど猫砂をかけます。

猫らしい愛すべき行動なのですが、こうも毎回散らかされてはたまりません。

DSC_2101
Photo:にしやまあやか
こちらがそのトイレ。猫砂が気に入らないのか? と調べてみると、たっぷり砂をかけるのは砂を気に入っている証拠だとか

砂へのイライラから解放

DSC_1989
Photo: にしやまあやか

できるなら、散らかりは防ぎつつ、思う存分ガリガリさせてあげたい。

そこでアイリスオーヤマの「上から猫トイレ レギュラー」を使ってみました。

「え、これ猫のトイレ?」って感じのルックスじゃないですか?

中身が丸見えだった従来のタイプとは違って、名前のとおり、猫が上から入って用を足すつくりになっているんです。

これなら、中で思いきりガリガリしてもらっても、砂の飛び散りを防げそうです!

DSC_1993
Photo:にしやまあやか

フタには溝がついています。肉球に挟まった砂も、床に落ちる前にこの溝でキャッチ。

DSC_1995
Photo:にしやまあやか

お掃除は付属のスコップで今までのトイレと同じように、汚れた部分を取り除けばOKです。

DSC_2013
Photo:にしやまあやか

丸洗いや水拭きの際は、肉球マークを押せばフタが取り外せます。

毎回フタをとるのは面倒なので、普段は猫の入り口からスコップを入れて掃除しています。

猫はちゃんと使ってくれるのか…?

DSC_1977
Photo:にしやまあやか

これまでにない画期的な発想のトイレですが、気になるのは今までオープンタイプのトイレを使っていた猫が、縦型のトイレを使えるのかというところ。

さっそく、我が家の猫で試してみました。

DSC_1978
Photo:にしやまあやか
お、乗った!
DSC_1982
Photo:にしやまあやか
そしてトイレへすんなりとI N。砂の感触を確かめるとそのまま排泄へ…なんと飲みこみの早いこと
DSC_1983
Photo: にしやまあやか
念入りなガリガリもトイレの中で事足りています。(すでに砂が落ちているのは、トイレ設置時に筆者が横着したせいです…)

結論、すぐにトイレだと理解してくれました。

「上から猫トイレ」はレギュラープチの2サイズ展開。

今回はレギュラーを選びましたが、実際に使ってみて、プチサイズにすればよかったと思いました。

実は届いた瞬間から「思っていたよりデカいな」と感じていたんですが、実際に使わせてみると、やはりちょっと高さがありすぎるみたい。

若干入りづらそうだったので、中にステップを作ってあげようと思います。

トイレ感が減って快適

DSC_2112
Photo: にしやまあやか

気になる猫砂の飛び散りは、猫といっしょに数粒落下するくらいになりました。

まったく砂が落ちないとまではいきませんでしたが、以前の散らかりようと比べたらかなり軽減されました!

それにフタのおかげで中身が見えにくくなり、トイレ感がなくなりインテリアに馴染んだ感じ。

匂いの広がりも抑えられているような気がします。だいぶ暮らしやすくなりました…!

飼い主がご機嫌なほうがきっと猫もうれしいはず。家中の猫トイレをこれに変えてしまいたいです。

なお、以下の表示価格は執筆時のもの。価格は変更になる可能性がありますので、販売ページでご確認ください

Photo: にしやまあやか

Source: Amazon.co.jp

    あわせて読みたい