アップルのAR/VRヘッドセット、今年のクリスマスには間に合う説

  • author 塚本直樹
アップルのAR/VRヘッドセット、今年のクリスマスには間に合う説
image:Ian Zelbo


値段が問題かも…?

以前には来年の発売が報じられていたApple(アップル)のAR/VRヘッドセットですが、もしかすると2022年末までのデビューに間に合うかもしれません。

かなり高性能かつ値段も相当高くなると噂されている、アップルのAR/VRヘッドセット。ただし以前にはBloomberg(ブルームバーグ)が、カメラやソフトウェア、排熱系の問題が解決できておらず、発売が2023年にずれこむと報道していたんですよね。寂しさ半分、貯金できる時間ができてホッとしている方もいるのかも?


開発は順調?

台湾紙のDigiTimesの報道によれば、アップルのAR/VRヘッドセットは第2段階のエンジニアリング検証テスト(EVT 2)が完了下とのこと。これは主要な製造テストが完了したことを意味しており、2022年末のリリースに向けた順調なスケジュールだというのです。

アップルのAR/VRヘッドセットといえば、それに搭載されるであろう「realityOS」の存在も、海外にて報じられていますね。最近になってApp Storeなどのコードに同OSへの言及が見つかっていることも、AR/VRヘッドセットの登場が近いことを示唆しているといえそうです。

一方では「数千ドルの価格になり、サブスクが必須になる」なんて気になる情報もありますが…。アップルのAR/VRヘッドセット、はたして私達がスマートフォンのように普通に購入できる製品になるのでしょうか?


Image: Ian Zelbo

Source: DigiTimes via MacRumors

    あわせて読みたい