リアルな使い心地が分かる。PC選びで後悔したくない人は集合だ

  • Sponsored By インテル株式会社
  • author ヤマダユウス型
リアルな使い心地が分かる。PC選びで後悔したくない人は集合だ
Photo: 小原啓樹

タッチアンドトライ祭り、開催っ!

2022年も1カ月が過ぎ去ろうとしているこのごろ(早くない!?)、心機一転、新しいPCを探してる人も多いはず。僕も「今年こそ新しいPCを買うぞ」と心に決めてはいるのですが、どんなPCにするか、具体的には決まっていません。

検討するからには、心ゆくまで触りたいいろんなアプリやゲームを試しまくりたい…っていう気持ちがあるものの、そんな都合の良い場所なんて…え、あるの? しかも渋谷に?

002-509A1518

そうなんです。昨年オープンしたばかりのガジェットストア「b8ta Tokyo - Shibuya」にて、最新のインテル製CPU搭載PCを展示するイベント「Intel Premium Pop Up Store」が、2022年2月1日から2月28日まで開催されているんです。展示されるPCはいずれも実際にゲームやソフトを動かせたりと触り放題。まさに、タッチアンドトライの理想じゃあないか!

大事なことなのでもう一度書いときますね。

イベント名:Intel Premium Pop Up Store
開催期間:2022年2月1日から2月28日まで
場所:b8ta Tokyo - Shibuya

PCゲームの操作感、知りたい人多いのでは

今回のイベントでは、ゲーミングコーナークリエイティブコーナーに分かれてPCが展示されています。PCゲームに関心のある人、あるいはクリエイティブ用途のためのPCを探している人、それぞれがじっくり試せる環境が整っています。

003-509A1609

というわけでやって来ました「b8ta Tokyo - Shibuya」。お店に入ってすぐのカウンターにはゲーミングコーナーが設けられていまして、なんとデスクトップPC(GALLERIA「ZA9C-R39 第12世代Core搭載」)とPS5が並んで置いてあるじゃあないですか。なんて贅沢な! PCは、この冬に発売されたばかりの最新チップを積んでいるので、前世代から大幅なパワーアップを果たしてるし、搭載製品もまだあんまり出回ってないから触れるのうれしい!

この配置は意図的なもので、PCとPS5、同じゲームで操作感やグラフィック性能を比較できるようにしてあるのです。これまでゲーム機専門だった人も、PCでも同じように遊べることが分かるはず。デスクトップPCなら高画質を追求しまくるようなテッキーな楽しみ方がありますし、ノートPCならどこへでも持っていって遊べるので、ゲームプレイの可能性が広がります。

005-509A1781

で、そのノートPCですが、4台のインテル® Evo™ プラットフォーム準拠のノートPCが展示されており、それぞれにゲームがインストールされています。しかも、ヘッドセットとゲームパッドを使った体験も可能。早速、富士通パソコン「FMV LIFEBOOK UH90/F3」でプレイ。Evoってゲームもできるって評判ですが、こんなに小さいPCでこんなにサクサク動くのか…。

先ほども書いたとおり、ノートPCでのゲームは自宅以外で遊べるのも利点。旅行先やカフェのまったり時間など、自宅でのプレイとはまた違った楽しみ方ができるものです。実際に触るといろいろ楽しい空想が広がりますね。

004-509A1448

ゲーミングコーナーに展示されているPC

ASUS「ROG Zephyrus S17 GX703HS 第11世代Core搭載」
富士通パソコン「FMV LIFEBOOK UH90/F3」
GALLERIA「ZA9C-R39 第12世代Core搭載」
Lenovo「YOGA Slim 750i carbon」
MSI「Summit E13 Flip Evo」

創作意欲を刺激してくれるクリエイティブコーナー

006-509A1480

店内の奥に行くと、クリエイティブコーナーが待っています。このコーナーのPCも最新のインテル製CPUを搭載したモデル。Adobe Photoshop、Lightroom、Premiere Proなどがインストールされていて、写真編集や動画制作を考えている人にはピッタリ。

007-509A1560

こ、これは! ASUS「ZenBook Duo 14 UX482EA」! キーボード上部に2枚目のディスプレイを取り付けたやべぇPCなのですが、初めて実物を見ましたよ。PCは触っても良いとのことで、持ち上げたり2枚目のディスプレイのギミックを見たり、じっくり確かめてみました。メインディスプレイを開閉するときの、2枚目のディスプレイの浮上ギミックが面白いですね。そして思ったより軽いな。にしてもやべぇPCだ…。

この、触ったときに五感に訴えてくる感じは、スペックだけで検討しているときには得られないもの。並んでいる他のPCと触り比べられるのもこのイベントの魅力です。

008-509A1596

HP「Spectre x360 14-ea」にはDaVinci Resolve 17がインストールされていました。動画クリエイターは動作感が気になるところですよね。早速触ってみたところ動きは良好でファンの音も気にならないレベルでした。うん、創作意欲が湧く。気になる方は動画データを持参して試してみてください。

009-509A1930

DJIのドローン「Air 2S」や、アクションカメラ「Action 2」「Pocket 2」など、PCとつないで楽しめるガジェットも展示されていました。さすがに店内でドローンは飛ばせませんが、このドローンとノートPCのセットがあれば屋外で空撮&編集が完結できるんですよね。すごくコンパクトな制作環境。ノートPCがパワフルになったおかげだなぁ。

クリエイティブコーナーに展示されているPC

Acer「Swift 5(SF514-55T-H56Y/GF)」
ASUS「ZenBook Duo 14 UX482EA」
ASUS「ROG Zephyrus M16 GU603HR」
Dell「XPS 13 9305」
dynabook「V8」
HP「Spectre x360 14-ea」
LG「LG gram 16Z95P」
マウスコンピューター「DAIV Z7-3060Ti」
VAIO「SX14」

真のタッチアンドトライを、b8taで

010-509A1631

PCはスペックが重要ですが、同時にスペックだけでは分からない部分もあります。持ったときの重量感、ソフトを動かしたときの滑らかさ、スピーカーの鳴り、キーボードのタッチ感などなど、「Intel Premium Pop Up Store」は、自分の五感でPCの使い心地を確かめられる、とてもリアルなPC選びの場所でした。これだけのラインナップがそろってる場所は、なかなかないと思いますよ。

今後、展示PCの更新もあるようなのでちょくちょくチェックだな!

メタバースでもバーチャルで連動企画が開催!

220203_intel_01

「Intel Premium Pop Up Store」に連動する形で、メタバースショッピングモールアプリ「メタパ」内の「Virtual b8ta イベントスペース」でも連動企画が開催されます。期間は2022年2月15日〜3月31日。展示される製品によって、3DCGで全方位からチェックできたり、AR体験ができたりするとのこと。アプリはこちら(iOSAndroid)からダウンロードしてください


Photo: 小原啓樹
Source: b8ta

あわせて読みたい