今からワクワクする。iPhone 13 ProにiOS15.4がきたら、サードパーティ製アプリも120Hzで動作するみたい

  • 13,319

  • author はらいさん
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
今からワクワクする。iPhone 13 ProにiOS15.4がきたら、サードパーティ製アプリも120Hzで動作するみたい
Image: Apple

長かった...。

Apple Watchがなくてもマスク状態でiPhoneのFace IDを解除できる機能に加えて、新しい絵文字の追加も判明しているiOS 15.4のベータ版ですが、どうやらサードパーティ製アプリで「ProMotion」が使えない問題も無事解決しているようです。

iPhone 13 Proの魅力の1つ、ProMotionディスプレイ

Apple(アップル)のProMotionディスプレイとは、1秒間に最大120回(120Hz)まで画面を描き換えるディスプレイのことで、従来(60Hz)に比べてより滑らかなアニメーションを再現できるのが特徴です。iPadではiPad Pro(2017年モデル)から採用されていて、iPhoneではiPhone 13 Proシリーズから採用されました。

ところがiPhone 13 Proシリーズに関しては、サードパーティ製アプリのほとんどがCore Animationのバグ原因で、リフレッシュレートが60Hzに制限されていましたが、iOS 15.4のベータ版ではついにその問題が解決されているとのことです。

いろんなアプリを滑らかな画面で楽しめるようになったらいいな

アプリ開発者のChristian Selig氏は、iOS 15.4のベータ版ではサードパーティ製アプリが無事に120Hzで動作していると報告しています。バグが修正されるまでかなり時間はかかりましたが、これで一安心ですね。

iPhone 13 Proを日々使用している筆者からすると、ProMotionディスプレイの凄さを改めて実感するのは、Safariでスクロールやスワイプをしたときなどですが、今後はより多くのアプリで滑らかな映像が楽しめると思うと、嬉しさとワクワクが止まりません。

ベータ版は正式版とは異なり、最終的に一部の機能が追加、削除される可能性もあり得ますが、どうかこの機能は必ず正式版でも実装してほしいものです。