おやおや、iPhoneの脱Lightningが現実的に?

  • 77,755

  • author 塚本直樹
おやおや、iPhoneの脱Lightningが現実的に?
Image: charnsitr / shutterstock.com

いつ切り替わるのかな?

もはやApple(アップル)が意固地になっているとも思えるiPhoneへのLightningコネクタの採用。しかし、着々とUSB-Cへの切り替え時期が近づいている…のかもしれません。

iPhone 5から採用が始まったLightningコネクタは表裏がなく、向きを気にせずに利用できるのが特徴。しかし、同じように表裏がなくさまざまな周辺機器で使える「USB-C(USB Type-C)」が登場すると、一転してLightningコネクタは「アップル関連製品でしか使えないレガシーなコネクタ」となってしまったのです。皆さんも、iPhoneにUSB-Cが搭載されたらいいのに…と一度は考えたことがあるのでは?

ポートレス化も選択肢?

台湾紙の経済日報の報道によると、アップルは今年に入っていくつかにコネクタサプライヤーに対して、USB-Cコネクタのサンプルを送るように打診したそう。USB-Cの採用に関する積極的な姿勢を見せていることも報じられています。

iPhoneへのUSB-Cの採用に関しては、EUが充電コネクタのUSB-Cへの統一を発表したのが大きな動きです。これにより、2022年以降のiPhone(iPhone 14)にUSB-Cが搭載されるのか、あるいは外部ポートなしのワイヤレス充電オンリーに移行するのかに注目が集まっているのです。

アップルとしてもいろいろ言い分はあると思いますが、やっぱりアップル製品のためだけにLightningケーブルを用意するのは面倒。個人的にはちゃっちゃとUSB-Cに移行してくれればいいのに…と思ってしまいます。

Source: 経済日報 via iPhone Mania

    あわせて読みたい