このポータブルSSDにはスペックだけじゃない良さがある

  • Sponsored By キオクシア株式会社
  • author ヤマダユウス型
このポータブルSSDにはスペックだけじゃない良さがある
Photo: Daisuke Ishizaka

持ち歩くなら、やっぱり好きになれるものが良い。

突然ですが、PCをお使いの皆さんに質問。PCの空きストレージはどれくらいありますか? 100GB、50GB、それとも3GB? 空きストレージの管理って個性や性格が出るところだと思うんですよね。「エラーが出るまで気にしない」みたいな、剛の者もいたり…。

ストレージ不足で困っている、あるいはこのまま使い続けると足りなくなる未来が見えている。そんな人は、そろそろポータブルSSDを導入してみるのはいかがでしょうか。高速データ転送とコンパクトさがウリのSSDは持ち歩きに適していて、ある意味でPC本体のストレージ容量をそのままアップさせたように使えるんですよ。

IMG_43845

今回はKIOXIA(キオクシア)の「EXCERIA PLUS」ポータブルSSDを実際に使ってみたので、そのレポートをお届けします(1TBモデルを使用)。スペックだけでなく所有欲も満たしてくれる、なかなかオンリーワンなヤツでしたよ。

テーブルに映えるアルミ筐体

外付けストレージと聞くと「野暮ったいPCガジェット」といった印象がありません? 最近の外付けストレージはルックスが洗練されたものも増えてきていて、「EXCERIA PLUS」も例にもれずシュッとしたポータブルSSDなんです。

20220118gizmodo_kioxia_IMG_43816

本体はアルミニウム筐体で覆われており、手触りも心地良い。アルミ製のノートPCとの相性もとても良いですね。形状は緩やかにラウンドしており、光の当たり方によって表情が変化します。しかもアルミ筐体は熱を効率よく放熱する役割もあるんだとか。

IMG_43855

底面の中央部分はフラットなので、設置時の安定感も優秀。端子はUSB 3.2 Gen2規格のUSB Type-C®。USB Type-C to Aケーブルと、USB Type-C to C ケーブルが同梱されているので、PCはもちろんタブレットやスマホなどさまざまなデバイスに繋がりますね。

20211221gizmodo_kioxia_IMG_43843

手のひらサイズ&薄型ボディなので、この通り胸ポケットにもスっと。外でデータを受け渡しする際や、ちょっと座席を移動する時なんかは、こうしてポケットに入れられるのが便利でした。

IMG_43947

「あ、手がぶつかって落としちゃった!」なーんてこともありがちですが、「EXCERIA PLUS」は米国MIL規格(MIL-STD-810H METHOD 516.8 Transit Drop (Procedure IV))の落下試験に準拠しています。「122cmの高さから鉄筋コンクリート上の鋼板表面にすべての辺、面、角26方向に対して落下後、正常動作を確認」と頼もしさがすごい。本体に可動パーツを使っていないから堅牢性があります。デザインがカッコよくてタフさもあるなんて、ちょっと意外でした。

RAWデータも4K動画もサクサク高速転送

IMG_43788

僕の外付けストレージの主な使い道は、写真や動画の保存。特に写真のRAWデータは1枚30〜40MBくらいのものが何千枚と溜まっていくので、転送速度は重要です。転送速度が遅いストレージだと、データ移送時にエラーが出て写真データが壊れることもありますからね。実際に、HDDにバックアップしようとして壊れた写真も数知れず…。

20211221gizmodo_kioxia_IMG_43811

EXCERIA PLUS」は、最大読出転送速度1,050MB/s、 最大書込転送速度1,000 MB/sと、非常に高速。ロスレス圧縮のRAWデータとjpgが混在した5GBほどのデータをPCからコピーしてみましたが、約5秒で完了しました。はっや!

20220217gizmodo_kioxia_IMG_43802

上の写真は10GBの4K動画データの転送を試したところ。表示では約10秒と書いてありますが、実際は6〜7秒程度とはっやい! 転送速度が速いので、「EXCERIA PLUS」内の4K動画をPCのストレージにコピーせずそのまま編集できちゃいます。家ではデスクトップPC、外ではノートPCで作業したいというひとにとっても、快適に作業できますね。

もちろん、RAW画像の現像もストレスフリー。SDメモリカードに保存された写真データをPCに保存せず、直接「EXCERIA PLUS」に投げちゃって、そこで現像すればバックアップも一瞬で終わりっ。

次世代ゲーム機のデータ保存にもどうぞ

PS5やXbox Series X/Sなどの最新ゲーム機は、1つのゲームの容量が数十GBもあります。ゲーム内のストレージだけではすぐに容量いっぱいになってしまい、プレイしなくなったゲームを削除する…なんて経験、あるあるでは?

そんなときは、ゲームデータをまるごと外付けストレージに移してしまえばOK。「EXCERIA PLUS」はPS5やXbox Series X/Sなど次世代ゲーム機との接続も動作確認済み※です。転送速度が速いので、SSD内に保存したゲームをそのままプレイできますよ。

そもそもキオクシアって何?

今回使ってみた「EXCERIA PLUS」は、キオクシアという会社のコンシューマ向けSSDなのですが、キオクシアは東芝メモリ株式会社が2019年に社名変更した会社なんです。つまりは、日本ブランドのSSD!

IMG_43851

キオクシアの社名は、日本語の「記憶(Kioku)」と、ギリシャ語の「価値(Axia)」に由来しています。スマートフォンなど身近な電子機器や、データセンターにおいても欠かすことのできないNAND型フラッシュメモリを、1987年に世界に先駆けて発明した会社なんです。

そんなフラッシュメモリ開発の歴史に裏打ちされてできたのが、今回使った「EXCERIA PLUS」というワケ。ポータブルSSDの他にも、デスクトップPC向けのNVMe™ SSD、デジカメに欠かせないSDメモリカードやmicroSDメモリカード、定番のUSBフラッシュメモリなど、さまざまな個人向けストレージを取り扱っています。

SSD選びに「持っておきたくなる」という愛着を

20211221gizmodo_kioxia_IMG_43989

PC関連のアクセサリーは、どうしてもスペックだけで判断されがち。もちろんスペックも重要ですが、デザインが推せるというのは新鮮な体験でした。ポータブルSSD選びでデザインを意識することはなかったけれど、この「EXCERIA PLUS」は質感や形状が美しく、愛着が湧く製品ですね。

転送速度などのスペック面、タフに使える堅牢性、そして所有欲を満たすデザイン。SSD選びにキオクシアという選択肢、ぜひ記憶しておいてください。


※本動作確認結果は、キオクシアの調査によるものです。動作確認結果について、キオクシア以外へのお問い合わせはお控えください。

NVMe は、NVM Express, Inc. の米国またはその他の国における登録商標または商標です。

USB Type-C は、USB Implementers Forum の商標です。

Xbox、Xbox Series X、Xbox Series S、Xbox Series X/S、は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

その他記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として利用している場合があります。

Photo: Daisuke Ishizaka

Source: キオクシア

あわせて読みたい