未読メールいっぱいの人の救世主。「Shortwave」はInboxの再来

  • 10,084

  • author 塚本直樹
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
未読メールいっぱいの人の救世主。「Shortwave」はInboxの再来
Image: shortwave

未読メールでボックスがいっぱいの人類は今すぐ試して!

Google(グーグル)の先進的なメールサービス「Inbox」が2019年に終了して悲しみに暮れていた皆さん、お待たせいたしました。同様の機能を実装した「Shortwave」(PC/iOS/Android)が無料で試せますよ!

すこしおさらいすると、Inboxは2014年にグーグルがスタートしたメールサービス。その特徴はリマインダーやスヌーズ、バンドルなどの機能により、受信箱をオートメーションにて整頓できるのが特徴です。これにより、毎日大量のメールを受信するユーザーには大いに歓迎されていたのですが…2019年にサービス終了しました。

さよならInbox。もう僕はメールをチェックしないよ(スマホでは)

僕にとってはメールの死も同然。Googleがメールサービスの「Inbox」を終了します。Inboxは2014にデビューしたメールサービスで、Gmailと同じメ...

https://www.gizmodo.jp/2019/02/rip-inbox_bye-mail.html

メール操作をオートメーション化!

Shortwave

Shortwaveのコンセプトは、Inboxのものをそっくり受け継いでいます。なにせ、Shortwaveを立ち上げたメンバーは元グーグルのスタッフなんですから。

たとえば大事なメールは「ピン」、追加の作業が必要なメールは「スヌーズ」、アクションが完了したメールには「完了」のフラグを立てれば、メールは受信箱の中で自動でグループ化され、カテゴリー分けされ、整理整頓されるんです。メールはドラッグ&ドロップ操作にて、スレッドを好きなようにコントロールできます。

Shortwave

さらに「Slack」のような、ビジネスチャットツールも統合されています。こちらではGIFや絵文字によるリッチなコミュニケーションができるなど、充実の機能を搭載。ただ個人的には、ちょっとSlackに似過ぎな気もしますが…?

Shortwaveは基本機能は無料で試すことができ、ワークスペース機能や制限なしの検索/メール履歴が使えるStandard版は月額9ドル(約1000円)で利用可能。私もShortwaveをためしてみましたが、サクサクとメールが整頓される様子は実に快適でした。

毎日メールを大量にさばく必要がある方は、試してみる価値ぜったいありますよ!

Source: shortwave