今年のアカデミー賞は「ポピュラー映画部門」がある! Twitterで投票できるよ

今年のアカデミー賞は「ポピュラー映画部門」がある! Twitterで投票できるよ
Image: StockProduction / Shutterstock.com

荒れそうな予感ある。

2018年、アカデミー賞にポピュラー映画部門という新たな部門が加わることが発表されました。が、人気はあるけど作品賞は無理なやつってこと? お金かけたエンタメ大作向け? 話題作り? と手厳しい批判の声があがり、部門新設は見送りとなりました。で、数年寝かされた結果、今年の第94回アカデミー賞で、このポピュラー部門が復活することが明らかになりました。

ポピュラー部門選出はTwitterを使います

ポピュラー部門の選出はなんとTwitterを利用。Twitterユーザーは、2021年リリースの好きな映画(他部門でのノミネート有無は問わず)をハッシュタグ「#OscarsFanFavorite」をつけてツイート=投票するというシステム。投票期間は3月3日まで。アメリカ現地時間3月27日に開催のアカデミー賞で、最も投票数の多かった作品がポピュラー部門として発表されます。さらに、期間中にポピュラー部門受賞作品に投票したTwitterユーザーの中から3人を、アカデミー賞授賞式に招待するというキャンペーンつき。

なんでしょう、Twitterでのファン投票なんて大荒れの予感がしますけど…。なんとなく『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が強そうな気がしますけど…。ちなみに、投票数は1人1日最大20回までというルールです。

ポピュラー部門以外にも、今年のアカデミー賞はTwitterをバリバリ活用。ハッシュタグ「#OscarsCheerMoment」をつけて2021年の好きな映画のワンシーンをツイートすると、選ばれたワンシーンはツイートと共にアカデミー賞授賞式で紹介されます。こちらも、ワンシーンが選ばれると1年間映画無料パス・映画ストリーミングサービスのサブスクなどのプレゼントキャンペーンつきです。

Source: THR

    あわせて読みたい