未来的で機械的。雪男やネッシーなどUMAから着想を得て、3D印刷で生まれたスリッポン

  • 17,657

  • author 岡本玄介
未来的で機械的。雪男やネッシーなどUMAから着想を得て、3D印刷で生まれたスリッポン
Image: SINTRATEC

これを履けばUMAになれる!?

ドイツ人デザイナー兼建築家にしてロボット研究所を運営しているStephan Henrichさんが、3D印刷で「The Cryptide sneaker」という機械的にして有機的で未来的なスリッポンを考案しました。

220224_3dshoes2
Image: SINTRATEC

未確認生物に触発された

「Cryptide」の由来は、なんと雪男やネッシーといったUMAとのこと。ウロコ状の足の裏で、何者か分からない謎の足跡を残して歩くよう考えられています。

Video: SINTRATEC / YouTube

使われたプリンターは、スイスのSINTRATEC社による「S2」というモデル。素材は熱可塑性エラストマーでグニャグニャに柔らかく、スキャンした個人の足に5本指がピッタリとフィットします。

発売の予定はまだないようですが、自分の足をメカニカルに拡張するようなこの靴で、謎の足跡を残して歩いてみたいですね。

Source: YouTube, SINTRATEC via designboom

The Cryptide sneaker ほしい?

  • 0
  • 0
SINTRATEC

シェアする

    あわせて読みたい