Astell&Kern初の完全ワイヤレス「AK UW100」が発表。旭化成DAC搭載で3万9980円

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Astell&Kern初の完全ワイヤレス「AK UW100」が発表。旭化成DAC搭載で3万9980円
image:Astell&Kern

本気(ガチ)じゃん…。

韓国のハイレゾオーディオブランドAstell & Kern(アステル&ケルン)から、待望の完全ワイヤレスイヤホン「AK UW100」が登場します。ポタアンやDAP、有線イヤホンでは知られたブランドですが、ついに来ましたよ、ワイヤレスが!


ハイファイサウンドを召し上がれ

220325asteluw100_01
image:Astell&Kern


Bluetoothチップ内蔵DACとは別に、旭化成エレクトロニクスのヘッドホンアンプ内蔵32bitDAC「AK4332」を搭載しているのが特徴。ここにAstell & Kernのプレーヤーに搭載されているアンプオーディオ回路技術を組み合わせることで、低歪み&高音質を実現しました。旭化成のDACチップはAstell & Kernの高級機などでもおなじみ。

ドライバーはKnowles社製のフルレンジBAドライバーを一基搭載。ノイキャンは非搭載ですが、クラス最高レベルのパッシブノイキャンだそうな。2台までのマルチポイント接続、アンビエントモード、専用アプリ「AK TWS」などの機能も充実。aptX daptiveに対応してるので、ワイヤレスDAPとの組み合わせも良さげです。


220325asteluw100_02
image:Astell&Kern

価格は3万9980円と、ハイエンド帯ど真ん中。発売日は未定です。バッテリーがケース込み24時間なのはまぁまぁな感じですけど、Astell & Kernのワイヤレス、ありそうでなかったところですもんね。ハイレゾ音源を聞いてみたいねぇ。

Source: Astell&Kern