自転車に「ブレーキランプ」を追加できる!? 夜道のライドに助かります

  • 32,924

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 編集部
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
自転車に「ブレーキランプ」を追加できる!? 夜道のライドに助かります
Photo: シラクマ

ROOMIE 2022年2月17日掲載の記事より転載

街乗りやツーリングなど、様々なシーンで活躍する自転車。

安全には十分に気を付けていますが、やはり夕方から夜間にかけての運転となると、どうしても気を張ってしまうんですよね……

暗い時間帯でも安心して自転車に乗れるアイテムがあったらな〜。

自転車専用ブレーキランプ

2
「GORIX ブレーキ感知センサー機能付きテールライト GX-RHLIGHT」

そんな願いを叶えてくれそうなアイテムがこちらGX-RHLIGHT

自転車パーツブランド「GORIX」の新商品であるこちらは、ブレーキ感知センサーを搭載した自転車専用のテールライトです。

ブレーキ感知で自動点灯

3

こちらのアイテムの最大の特徴はブレーキを感知して自動点灯してくれるということ。

自動車と同じようにブレーキをかけたタイミングで後ろに合図を出してくれるため、暗い時間帯はもちろんのこと、日中でも後ろからの衝突を未然に防ぐ効果が期待できます。

4

明るさやフラッシュ機能など、点灯パターンは全6種類。

最大光度は100ルーメンとなっており、10〜20m先からでも識別できるほどの十分な明るさで安心です

幅広いスタイルの自転車に対応

5

装着方法はとっても簡単。後輪を固定しているクイックリリースの先端を専用マウントに付け替えるだけ

ライト本体はマウントからワンタッチで着脱できるため、駐輪時にはサッと取り外すこともできるのだそう。

スルーアクスル仕様の自転車には対応していないようなので要注意です。

夜道も安心して乗れそうだ〜

6

バッテリーは便利なUSB充電

約2時間でフル充電でき、稼働時間は連続で4時間(強モード)~30時間と長距離ライドにも対応しています。

毎日20分程度の利用の場合、1回の充電で2週間〜1ヶ月ほど使えるため無理せず導入できそうですね。

デイリーユースから本格的なツーリングまで、「GX-RHLIGHT」があれば、さらに快適で安全な自転車ライフを送れそうです。

※価格など表示内容は、執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Text, Photo: シラクマ