キューピーの卵を使わない卵「HOBOTAMA」一般向け販売スタート。…まてまて、“卵を使わない卵”ってなんすか!?

  • 5,257

  • author そうこ
キューピーの卵を使わない卵「HOBOTAMA」一般向け販売スタート。…まてまて、“卵を使わない卵”ってなんすか!?
Image: kewpie

卵好きとしては気になる。

キューピーが卵を使わない卵「HOBOTAMA」の通信販売を、一部エリア(東京県・神奈川県・千葉県の一部エリア)限定でスタートしました。購入できるのは2種類、「加熱用卵液風」と「スクランブルエッグ風」があります。価格は、前者が182円、後者が214円。どちらも1パック60グラム、卵1つ分です。加熱用卵液風はお料理に、スクランブルエッグ風は解凍してそのまま食べられます。

…まてまてまて! 価格とかエリアとかじゃなくて、卵を使わない卵ってなんすか!?って思いますよね。HOBOTAMAは卵の代わりに植物由来の材料(豆乳加工品や脱脂アーモンドパウダー)を使ったプラントベースの新しい食材です。プラントベースのお肉じゃないお肉と同じジャンルです。卵はアレルギーの人も少なくないので、HOBOTAMAを使えば、プリンだって茶碗蒸しだって、まるごとオムレツだって食べられる! 商品名の通り、卵じゃないけどほぼ卵なんです。

1
Image: kewpie

HOBOTAMAは、昨年、業務用展開をスタートしており、今回の通信販売は満を持しての一般向け。対応エリアも今後拡大していく予定だそう。

一番好きな食べ物がゆで卵の私としては、ぜひ食べてみたい商品です。卵が食べられない人に卵の美味しさを堪能してもらうためにも、卵を使っていない卵がどれほどリアル卵に近いのか卵好きとして気になります。

(なんとなく1日ゆで卵は2個までって我慢してるけど、HOBOTAMAのゆで卵版がでたら10個とか食べていいよね…。塩で3個、マヨで2個、さらに味玉5個いきたい。夢! さらなる研究開発に期待しています。)

Source: キューピー

    あわせて読みたい