ディスプレイだけのPCって超便利じゃん。Windows搭載タブレットとして使える「HUAWEI MateBook E」

  • Sponsored By ファーウェイ・ジャパン
  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ディスプレイだけのPCって超便利じゃん。Windows搭載タブレットとして使える「HUAWEI MateBook E」
Photo: 小原啓樹

こんなに便利で「それがしたかったんだよ!」なPC、ある?

テレワーク・リモートワークを導入する企業が増えたこと昨今、家で仕事する人もかなり増えたはず。

資料や文章を作成するときにはキーボードが必須ですが、チャットやメール、資料の確認など日常の作業には結構キーボードが必要ない場面も多いですよね。そんなとき「ノートPCのディスプレイだけ外して使えたらなぁ」って、思ったことがある人も多いはず。その願い「HUAWEI MateBook E」なら叶えてくれるんです。

バリバリ仕事するときはキーボードを装着してノートPCとして使う。リビングやキッチンでキーボードが必要ない作業を行なう時はWindows搭載タブレットとして使う。そりゃあ便利に決まってますわ。

なんて気軽に使えるノートPCなんだ…

509A4632

HUAWEI MateBook E」の本体重量は、12.6インチディスプレイでわずか709g。いわゆる超軽量ノートPCがアンダー1kgとされていますが、それをガッツリ下回るほど軽量です。上の写真では「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard(日本語配列)」を装着してるのでいくらか重量は増えてますが、それでも余裕で持ち歩ける重さ。正直、この軽さのノートPCってだけでつよい。

509A4057

HUAWEI Smart Magnetic Keyboard(日本語配列)」を外せばタブレットに早変わり。ポイントなのは、タブレットのように見えてもあくまでWindowsを搭載したPCであること。つまり「タブレット感覚で使えるWindows」として運用ができるんです。普段のPC作業で使うアプリケーションなどがそのまま使えるので、タブレットとはまた違った利点があるのですよ。

普段使ってるPCが重くて外に持って行きにくい、でもPCを持って外出したい。そんな時に、こうして気軽に持ち出せるPCを持っておくと何かと便利なのは言うまでもありませんよね。

スペックは、第11世代intel® Core™ i3-1110G4またはCore™ i5-1130G7をラインナップ。インテル® Iris® Xe グラフィックス、インテル® UHD グラフィックスを内蔵し、コンパクトながらグラフィック性能は侮れません。RAMは8GB、ストレージは128GBもしくは256GBの2タイプ。Core™ i5モデルはキーボード同梱で、Core™ i3モデルはキーボード別売りです。

Video: ギズモード・ジャパン/YouTube

タブレットモードで、公私ともに大活躍

本格的な文字入力はさすがに物理キーボードがないとキツイものがありますが、文字入力以外の作業はタブレットでもこなせちゃいます。

509A4100

例えば、メールやチャットツールでのやりとり。メッセージの確認や簡単な返信程度ならタブレットでも十分。同じく写真やOfficeファイルの確認もタブレットでできますね。

また、スタイラスペン「HUAWEI M-Pencil 第2世代」を使えば、筆記が必要な作業もこなせます。契約書のサインやメモ、スケッチなど、手書きの方がスムーズにやりとりできる状況は仕事において結構あるものです。ペンはディスプレイ上部にマグネットで吸着&充電ができるので、付けっぱなしにしてもOK。

509A4181

プライベートな場面だと、タブレットサイズがより活きてきます。なんせ本体が薄くて軽いので、リビングやキッチン、寝室などどこにでも気軽に持ち運べるのが嬉しい。作業の休憩中に動画を見たり、料理を作りながらレシピを確認したりするのに良さげじゃない?

ファーウェイ初のオリジナルカラーの有機ELディスプレイを搭載。色域はシネマレベルに達し、有機ELディスプレイならではの高いコントラスト比で、明暗のディテールを鮮明に表現します。

画面占有率は90%を超え、ディスプレイ比率は16:10。やや縦長のディスプレイが動画に迫力を与えています。オーディオ面は独自のHUAWEI SOUNDを備え、臨場感もマシマシ!

509A4356

まとめると、タブレットモードでは小型ボディながらノートPCと同等な性能が詰まっているのがありがたすぎる。例えば動画を見てる時に「あれ、仕事の資料チェックしたっけ…?」と思い出しても、そのままスムーズにフォルダやメールをチェックできます。PCとタブレットが一体になるメリットは、まさにこのシームレスさにあり。

ノートPCモードで、仕事もWebブラウジングもお任せ

509A4396_1

お次は「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard(日本語配列)」(※今回お借りしたサンプル端末は英語版キーボードですが、国内販売モデルは日本語版キーボードです)を装着したノートPCとしての使い心地を見ていきましょう。ディスプレイを保護するカバー上部を折りたたむことでキックスタンドのようにディスプレイを支え、110〜160度の範囲で調整が可能。安定感もかなりあって、ディスプレイだけをつまみ上げてもカバーが外れる気配はありませんでした。

509A4261

キーボードの使い心地も良い感じ。ちゃんとパンタグラフ式のキーボードになっているので、打鍵感があってテンポ良く文字が打てますね。マウス操作は「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard(日本語配列)」に付属するトラックパッドを使っても良いし、マウスをワイヤレス接続しても良し。

また、最近だとWeb会議をする人も多いハズ。ファーウェイはそこも抜かりがなく、本体には4つのマイクが搭載され、ノイズキャンセリング機能も付いてます。騒がしい環境で通話をしても、クリアな音声を届けてくれますよ。カメラの解像度もアウトカメラが1300万画素、インカメラが800万画素と不足のない性能を備えています。

509A4396

カフェなどでWebブラウジングをしたい場合は、膝の上に「HUAWEI Ultlathin Keyboard」を置いて操作するのもアリ。カフェのようにテーブルが狭い場所ではPCが置きづらかったり、打ちづらかったりしますが、キーボードをセパレートして使えば文字入力の快適性も失わずに済みます。PC本体がコンパクトなので、ワイヤレスキーボードを持ち歩いてもそんなに荷物になりませんしね。

まとめると、本格的にPCを使いたい仕事モードにおいても2in1のノートPCは大活躍。軽作業ならタッチパネルでも十分だし、もうちょいしっかり操作したい時はトラックパッドやマウスを使ってもよし。文字入力は「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard(日本語配列)」だけでなく、使い慣れたワイヤレスキーボードも流用可能。なんとも懐の広いPCですねぇ。

リビングやカフェなどあらゆる場所をオフィスに変身させる「HUAWEI MateBook E」

509A4313

HUAWEI MateBook E」は、ファーウェイ独自のスーパーデバイス機能にも対応しています。これはHarmony OSを搭載しているファーウェイのスマホやタブレット間でのファイル共有や画面ミラーリングを可能とする機能なんですが、Windows搭載PCである「HUAWEI MateBook E」とも連携できるのは意外な事実。ファーウェイのスマホやタブレットとのデータのやり取りが簡単にできますね。

仕事とプライベートの境目が以前ほどハッキリ分かれていない昨今。「HUAWEI MateBook E」は、こうした現代の暮らし方を見据えたデバイスに仕上がっていると感じました。 仕事もプライベートも、効率的に上手に過ごしたいという人におすすめの1台です。

Photo: 小原啓樹
Source: HUAWEI(1, 2, 3, 4