将来はiPadだけでなくMacBookも有機ELに?

  • author 塚本直樹
将来はiPadだけでなくMacBookも有機ELに?
Image: Garno Studio / shutterstock.com

弱点はどうなる?

現在新しいノートパソコンやテレビを購入しようとすると、「ミニLED」か「有機EL」かという選択肢に直面します。現時点ではどちらにもメリット/デメリットがあり、「いったいどちらにすればいいんだ…?」と悩む方も多いハズ。そんな中で、2025年にはMacBookにも有機ELディスプレイが採用されるとの予測が登場しているのです。

私もミニLEDを搭載した「16インチMacBook Pro」を所有しているのですが、その鮮やかな色の表現には大満足。また、画面が明るいのもいいですね。一方で有機ELには「圧倒的なコントラスト比」や「光漏れがない」などのメリットがあるので、Apple(アップル)による今後の選択が気になるところです。

まずiPadから。MacBookは2025年?

韓国メディアのThe Elecによると、韓国LGはまず2モデルのiPad向けに有機ELディスプレイを供給し、その後に2025年ごろに発売されるMacBook向けにも有機ELディスプレイを出荷すると報告しているのです。

というわけで、現在のミニLEDディスプレイよりもさらに画質が向上するかもしれない、MacBookでの有機ELディスプレイの搭載。一方で有機ELディスプレイには「焼付きが発生する」「画面を明るくしづらい」などの弱点も存在しますが、それらの弱点がどのように解決されるのかも楽しみにしておきましょう!

Source: The Elec

    あわせて読みたい