保冷力と収納性を両立したソフトクーラーバッグ「Titan Deep Freeze Air」が登場

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author Yama3
保冷力と収納性を両立したソフトクーラーバッグ「Titan Deep Freeze Air」が登場
Image: SANCTUARY2003

こちらは、ギズモード・ジャパンが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

春らしい陽気にテンションも上がりますねぇ。

キャンプやピクニックなどの計画も盛り上がってくるタイミングかと思いますが、レジャーアイテムの準備は万端ですか?

今回はアウトドアにはマストと言っても過言ではないクーラーバッグのご紹介です。

姉妹サイトmachi-yaに登場した「Titan Deep Freeze Air」は、最大48時間も氷をキープできる保冷力を備えながら、丸めてコンパクトに収納できるのが特長のクーラーバッグです。

さっそく詳細をチェックしてみましょう。

くるっと丸めて自動で膨らむ

ff01fdeb-ac8e-48c9-aefc-08688dbbd72b
Image: SANCTUARY2003

改めて「Titan Deep Freeze Air」は、いわゆるソフトタイプのクーラーバッグ。

容量は約16L重量は約1kgとかなりの軽量さですね。

ag2-2
Image: SANCTUARY2003

最大の特長がこちらの丸めて収納できる点。

アウトドア用のグッズは収納に困ることもあるので、ここまでコンパクトにできるのは助かりますね!

ag1
Image: SANCTUARY2003

バルブを開けると自動で空気が入って膨らむので、あとはサイドのバックルを留めて箱型にすれば準備完了。

手順もシンプルかつ簡単なのも良いですね。

ちなみにサイドバックルを留めずにトートバッグスタイルでも利用可能だそうですよ。

3J4A9265
Image: SANCTUARY2003

参考に丸めた状態で車載した様子がこちら。

ラゲッジスペースを圧迫することもないので、とりあえず載せておけば家族とのピクニックや公園遊びでも冷たい飲み物が楽しめそうですね。

保冷力も高め

pf-7246974d--2days
Image: SANCTUARY2003

「Titan Deep Freeze Air」はロックアイスだけを満たした場合には最大48時間半分の量では約1日保冷できる性能があるそうですよ。

このあたりはバッグを置いておく環境や入れる中身によっても変化しますが、デイキャンプなどでは十分な性能かと思います。

500x500-deepfreeze
Image: SANCTUARY2003

保冷性能はメーカー独自開発による5層構造の断熱材で担保されているとのこと。

扱いやすいソフトバッグながら熱反射素材や高密度超発泡素材などを活用し、また継ぎ目の無い一体型にすることで冷気の逃げを防いでいるんだとか。

上記の性能は、保冷力を測定する北米業界統一テスト「Keep Ice Test」でも証明されているようです。

3J4A9298-2
Image: SANCTUARY2003

食材などを入れた様子はこちら。

大容量タイプではないので保冷剤やブロックアイスの容量を加味すると、ドリンク単体で2-3人分ぐらいのサイズ感かと思います。

お手入れもしやすい

3J4A9392
Image: SANCTUARY2003

直接ブロックアイス等を使う場合は、取り外し可能なウォータープルーフライナーを利用するとのこと。

強度などは実際に見てみないとですがバッグ自体が濡れずに済む点や、お掃除も楽そうなので助かりますね。

カラーは2種

3J4A9604
Image: SANCTUARY2003

カラー展開は2種あり、鮮やかなブルーと

3J4A9603
Image: SANCTUARY2003

渋めのグレーから選択可能となっていました。


保冷力抜群なのに丸めてコンパクトに収納できるクーラーボックス「Titan Deep Freeze Air」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得な先行販売を実施中。

執筆時点では一般販売予定価格から10%OFFの12,870円(税・送料込)からオーダー可能でしたので、気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

>> 小さく丸められて場所を取らない、保冷力抜群のクーラーボックス

Source: machi-ya

    あわせて読みたい