家にいながら花粉症の薬を15分くらいで処方してもらった話

  • 13,452

  • author amito
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
家にいながら花粉症の薬を15分くらいで処方してもらった話
Photo: amito

オンライン診療と花粉症の親和性が高すぎた。

花粉症がつらい季節ですね。僕もつらいです、ポケットティッシュ4つないと通勤できない。 市販の薬が効かなかったり眠くなったりするので、観念して病院に行くことにしたんです。とある耳鼻科のページを見ていたら「オンライン診療やってます」の文字。え、オンライン? 病院行かなくていいの?

ということでオンライン診療に初挑戦してみました。僕が使ったのは「LINEドクター」。登録から診療までLINEアプリで済みます。結果、総時間15分くらいで、家にいながら病院でしか出してもらえない薬を処方してもらいました。これはすげぇや…。

22-03-11linedoc
Image: LINEドクター

流れは以下の通りでした。

1. 名前や電話番号、住所を入力

2. 保険証の裏と表の写真をアップロード

3. 処方箋をどこに送るか選択(対応する薬局 or 自宅)

4. 病院を選んで予約(ここまで5分くらい)

5. 支払方法をクレジットカードやLINE Payから選ぶ

6. 予約時間になるとLINEのビデオ通話がかかってくる

7. オンライン問診(10分くらい)

終了


20220311_1439541_h720
Image: amito
オンライン問診のイメージ。ふつうにLINE通話。

20220311_1439542_h720
Image: amito
予約通知から領収書までLINEで届く

あとは薬局に薬をとりに行くだけです。

処方箋は薬局に送るか自宅に送るか選べます(自宅に送る場合は追加で100円かかる)。近くの薬局がオンラインの処方箋に対応しているかわからなくて、自宅を選択したのですが、問診のときに先生が住所を見て「近くの薬局に送れますよー」と教えてくれました。やさしい。 問診や薬の提案も、病院に行くのと同じように丁寧にしてくれました。

これが病院に通うとなると、予約しても40分くらい待つし、そのあいだ自分は花粉まみれの体で鼻水止まらないし、やっと順番が来たかと思えば診察は一瞬で終わっちゃうし、なんだかなぁ、という気持ちになります。それを考えたらとっても楽。病院に通いづらいご時世でもありますし、花粉症の薬をもらいに行きたいだけならオンライン診療、マジでよかったです