向こう側が透けて見えるぞ? パナソニック「透明有機ELディスプレイモジュール」に新映像が公開

  • 58,108

  • author 岡本玄介
向こう側が透けて見えるぞ? パナソニック「透明有機ELディスプレイモジュール」に新映像が公開
Image: Panasonic Newsroom/YouTube

あえて透け感を意識しています。

2019年にコンセプト・モデルがお目見えし、2020年に商品化の発表があった、画面の向こうが透けて見えるパナソニックの55V型「透明有機ELディスプレイモジュール」。

あれから時が経ち、新しく実機のデモ映像が公開されました。

Video: Panasonic Newsroom/YouTube

ただ裏側が透けて見えるというだけで、SF映画で見るホログラムみたいです。今の時代ならARグラス越しに見る世界のような印象も受けます。

透過率を調節できる調光ユニットの有無

バックライトを必要としない自発光型とのことですが、型番「TP-55ZT110」は独自開発の調光ユニットのおかげで透けずに表示することも可能で、対して調光ユニット非搭載の「TP-55ZT100」は、ずっと透けっぱなしです。今回の動画でその違いがよく分かりますね。

220314_panasonic
Image: Panasonic Newsroom Japan

1cm未満の薄さ

ディスプレイの薄さがわずか1cm未満というのも驚き。薄ければ薄いほど透過率が高いということなんでしょうね。またその薄さを活かして窓ガラスのように使えば、普段は外が見えるのに、起動した時に映像を写すディスプレイに早変わり。知らない人が見たらビックリしますよね。

すべての窓ガラスをこのディスプレイにして欲しい

自宅にあれば未来の住宅のようですし、商業施設や公共施設、もしくはバスや電車などの窓で、景色と情報表示が一体化するような使い方も想定されます。こんなディスプレイが当たり前の世の中になったら、未来都市に住んでいる気分になれそうです。

Source: YouTube, via Panasonic (1, 2)

    あわせて読みたい