ヒーター内蔵! 楽天生命パーク宮城の選手控え席、ゲーミングチェアになる

  • 5,160

  • author 岡本玄介
ヒーター内蔵! 楽天生命パーク宮城の選手控え席、ゲーミングチェアになる
Image: TEKWIND

野球場にゲーミングチェア!?

AKRacingのゲーミングチェア80席が、楽天生命パーク宮城のダグアウトに導入されました。半地下で控える選手たちは、固いベンチではなくヒーター内蔵で背もたれ付きの椅子に腰掛け、試合を見守ることになります。

スポンサー契約で実現

これはAKRacingブランドを持つテックウインド株式会社が、東北楽天ゴールデンイーグルスとスポンサー契約をしたことで実現したコラボレーション。1塁側3塁側のダグアウトは、チームカラーのゲーミングチェアに埋め尽くされ、テーブルにはドリンクを置いたり、バットが立てかけられるようになっています。控えの選手たちは、ウォームアップした身体を温存したまま待機できるのも良いですね。

220329_akracing2
Image: TEKWIND

同じ椅子に座りたいファン心

実はこれと同じチェアが、肘掛けやキャスター付きの脚などが付属する「AKRacing 東北楽天ゴールデンイーグルスモデル 」として、4月下旬に4万9800円発売されることにもなっています。球団のファンなら選手たちと同じ椅子に座り、画面越しに一体感を高めることができそうですね。ゲーミングでも、ホームラン級の勝利を収められるかもしれません。

Source: Twitter via TEKWIND

    あわせて読みたい