もはやPCではなくSFっぽい何か。斜めに立つキューブ型ATXケース

  • 7,469

  • author 岡本玄介
もはやPCではなくSFっぽい何か。斜めに立つキューブ型ATXケース
Image: aiuto

インフィニティミラーが幻想的!

黒くて四角い謎の物体が浮かんでいるかのように見えますが、アユートから発売されたAZZAのATXケース「REGIS」です。四隅のゴールドな面取りには高級感が漂い、LEDとマジックミラーによるインフィニティミラーで、正面から見ると底なしのブラックホールが広がります。

Video: Λ Z Z Λ/YouTube

巨大じゃないけど存在感がある

筐体は強化ガラスとアルミパネルを装備し、後方に140mmのファンがひとつ搭載されます。サイズは幅481mm、奥行き529mm、高さ610mmと思ったより小振りかもしれません。ですが未来の謎技術っぽい物体の存在感はデカいですね。

220303_regis2
Image: aiuto

トップパネルにあるボタンでエフェクトを切り替えられるというので、お部屋をSF空間っぽく演出できます。

どんなブラックボックスに組み上げようか

対応マザーボードはATX、MicroATX、Mini-ITX。左右とリアに最大5基の120mmファンを搭載でき、280mmまでのラジエーターを左右に1基ずつ搭載可能。またグラフィックカードは、水平なら長さ336mmまで、垂直なら長さ320mmまで対応し、重量はちょっと重めの12.5kgとのこと。

数量限定ですが、4万9800円でPCに見えない未来的なブラックボックスが手に入ります。中身はどんなマシーンに仕上げましょうかねぇ?

Source: YouTube, Twitter, aiuto via PC Watch

    あわせて読みたい