『スター・ウォーズ』の新作ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』予告編公開!

  • 8,628

  • author 傭兵ペンギン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
『スター・ウォーズ』の新作ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』予告編公開!
Image: ディズニープラス / YouTube

ダース・ベイダーの吐息が聴こえる!

ボバ・フェット』の次の『スター・ウォーズ』のドラマとなる最新作『オビ=ワン・ケノービ』の予告編がついに公開となりました。

Video: ディズニープラス / YouTube

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』から10年後、オビ=ワン・ケノービがタトゥイーンで身を潜めながら幼いルーク・スカイウォーカーの成長を見守る中、生き残りのジェダイを追って尋問官たちが姿を現す…といった展開っぽい。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の名曲「運命の戦い」を流す演出がイイ!

ユアン・マクレガーのオビ=ワンはいい感じ

物語の舞台はタトゥイーンだけではなく、ダイユーと呼ばれるサイバーパンクな雰囲気のある惑星も登場する模様。オビ=ワンがタトゥイーンに向かう前に訪れるのか、それともタトゥイーンから一時離れて向かうのかは今のところ不明。映像を見る限り、オビ=ワンはブラスターを持って戦っていますね。かつて「野蛮な武器だ」と言っていたけど、仕方ないのでしょう。

まず、17年ぶりにオビ=ワンを演じるユアン・マクレガーが見られるというだけで最高。ユアン本人は『エピソード3/シスの復讐』のころから見た目がそんなに変わってないんですが、ちゃんとメイクで老けさせて、クローン戦争の後にやつれた感じをもたせつつ、アレック・ギネスが演じたオビ=ワンに近づけているようですね。

また、17年前にルーク・スカイウォーカーの育ての親となるオーウェンおじさんを演じたジョエル・エドガートンも復帰。格闘技映画『ウォーリアー』などの出演も経た結果、若いころよりどう見てもたくましくなっており、ストームトルーパー程度ならやっつけられそうな雰囲気になっていますが、果たしてどのように描かれるか。

オビ=ワンとアナキンの絡みはいかに?

個人的に盛り上がったポイントは尋問官たちが登場するところ。クローン戦争の後、ジェダイを狩るために皇帝によって組織されたダークサイドのフォースの使い手の集団で、近年のアニメ、ゲーム、コミックに登場してきたファンにはおなじみの連中。

この作品と比較的時代の近いアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』の最初のメインの敵役だった尋問官たちのリーダー大尋問官も登場(予告編内の頭に赤いタトゥーが入った色白の人物)。パウアンと呼ばれる種族の出身で頭が長く顔に縦線が入っているのが特徴なのですが、実写版はその辺がどうも控えめになってる様子で、あまり同一人物に見えないのが引っかかりますが…それはともかく活躍が楽しみ。

そしてなんといっても楽しみなのはヘイデン・クリステンセンが演じるアナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダーが出てくるところ。予告ではその姿は出てこず、呼吸音が聴こえてくるだけですがワクワクしますよね。ユアン・マクレガーのEntartanment Weeklyでのインタビュー映像を観る限り、セットで一緒に過ごしたと語っているので、共演シーンがあるだけでなく、ベイダーではなくアナキンとして出てくるシーンもある可能性が高そう

プリクエルやアニメ『クローン・ウォーズ』を経てオビ=ワンとアナキンの師弟関係にだいぶ惹かれているので、しっかり描ききってくれることを願うばかり。『マンダロリアン』の中でもかなりいいエピソードを担当してきたデボラ・チョウ監督によるシリーズということもあり、一層期待が高まりますね。

ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』は、5月25日(水)16 時よりディズニープラスにて独占配信開始!

Source: Disney+, Entertainment Weekly, YouTube